「日住サービス」書類送検 大阪府警 リフォーム産廃を無許可業者に委託

産経ニュース / 2018年8月10日 21時7分

 リフォーム工事で出た産業廃棄物の処理を無許可業者に委託したとして、大阪府警生活環境課は10日、廃棄物処理法違反(委託違反)容疑で、不動産仲介大手「日住サービス」(大阪市北区)の専務の男(62)=同府豊中市=ら5人と、法人としての同社を書類送検した。

 専務の書類送検容疑は昨年9月~今年2月、大阪府内と神戸市内の住宅リフォーム工事で出た産廃の運搬・処分を、許可のない業者に計約480万円で委託したとしている。

 府警によると、専務は「違法ではないと思っていた」という趣旨の供述をしているが、日住サービスは平成26年に、大阪市などから許可業者と契約していないとして行政指導を受けており、府警は違法性を認識していたとみている。

 同社は「法律の理解が不十分だった。再発防止を徹底する」としている。

 また府警は10日、同社から無許可で処理を請け負った同法違反容疑で、住宅関連会社「パナソニックリビング近畿」(大阪市此花区)なども書類送検した。

産経ニュース

トピックスRSS

ランキング