ベトナムのバイク市場は「日本メーカーの独壇場」、なぜ中国メーカーは敗れたのか=中国

サーチナ / 2018年7月17日 8時12分

写真

ベトナムの街中を走るバイクは日本メーカーのものばかりだ。(イメージ写真提供:123RF)

 ベトナムを訪れたことのある人ならば、街中で走るバイクの数に圧倒されたことだろう。ベトナムの人びとにとってバイクは重要な移動手段であり、日々の移動に欠かせない大事な存在だ。それだけに、ベトナム人消費者が「できるだけ質の高いバイクが欲しい」と願うのはごく自然なことだと言える。

 中国メディアの快資訊はこのほど、ベトナムの街中を走るバイクは日本メーカーのものばかりだと伝えつつ、ベトナム人が安い中国メーカーのバイクではなく、相対的に高価な日本メーカーのバイクを選ぶ理由を考察している。

 記事は、ベトナムは世界的に見ても「バイク大国」と呼べるほど、大量のバイクを保有する国の1つであり、大都市ハノイでは「バイクがまるで1匹の虫のように連なって走っている」と紹介する一方、ベトナムの街中に存在する大量のバイクのほとんどが日本メーカーのバイクであり、中国メーカーのバイクは非常に少ないと強調した。

 続けて、ベトナムでは、まだ自動車の普及が本格化しておらず、人びとにとってバイクが重要な移動手段となっていることを指摘する一方、「中国メーカーはベトナムのバイク市場における商機を掴み損ねた」と主張。ベトナム人は「中国のバイクは品質が悪く、購入から3カ月も経たないうちに故障する」と認識しており、品質と耐久性が高い日本メーカーのバイクは「購入価格こそ高いが、長く乗れるのでコストパフォーマンスが高い」と認識していると伝えた。

 さらに記事は、中国メーカーは「安さを追求することしか知らない」と批判し、価格を下げるために同時に品質まで落としており、だからベトナムの消費者を取り込めなかったのだと主張。今やベトナムのバイク試乗はホンダやスズキ、ヤマハといった日本メーカーの独壇場となっており、中国製バイクは品質の高さという強みを持つ日本メーカーのバイクに敗れてしまったと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

トピックスRSS

ランキング