日本を訪れる中国人観光客が「どんどん日本人らしくなっている」=中国メディア

サーチナ / 2019年7月1日 15時12分

写真

中国メディアは、増え続ける中国からの観光客が「どんどん日本人らしくなっている」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2018年の訪日外国人旅行者数は、前年比8.7%増の3119万2000人で過去最高を記録した。このうち800万人が中国からの旅行客で、リピート客も多い。中国メディアの今日頭条は28日、増え続ける中国からの観光客が「どんどん日本人らしくなっている」と紹介する記事を掲載した。

 増加を続ける外国人旅行客は、日本経済にも大きな経済効果をもたらしている。18年に訪日した外国人の旅行消費額は約4兆5000億円で、7年連続の増加となっている。しかし、「爆買い」のイメージがあった中国人に関しては、「個人の旅行消費額が減少」しているという。

 記事は、19年1月から3月までの中国人旅行者の平均消費額が前年同期比12.3%のマイナスとなっていると紹介。旅行は好きだが消費額の少ない日本人に似てきたと言えるかもしれない。1人平均20万7235円を消費しており、その内訳は、宿泊費4万6601円、飲食費3万7349円、ショッピング額10万823円などだという。とはいえ、訪日外国人の1人平均支出額は15万3000円であり、他国からの旅行者と比べると、日本での消費額はずっと多いといえる。

 記事はさらに、中国人観光客が「より日本人らしく」なっている面として、「旅行の目的」が変わってきていると指摘。単純な飲食とレジャーが中心ではなく、一般の日本人の生活に触れることができる体験型の旅行が人気になっていると伝えた。東北地方でのスキーや有名校の見学、カラオケ店の体験、寺での宿泊などが人気だと伝えた。

 また、最近人気の旅行先として「子どもを連れて日本のごみ焼却施設を見学」に行く人も出てきていると紹介。今年、中国のバラエティー番組で日本のごみ処理が取り上げられたためだというが、近年中国では日本の環境保護対策が注目されており、意識の高い親らが子どもの社会見学を兼ねて旅行に来ているようだ。子どもの教育にはうってつけの場所と言えるだろう。

 良い面ならば、日本人に似てきたというのも大歓迎だ。中国では「相手が日本だとしても、良いところはどんどん見習おう」という人が増えている。これからは、ますます「日本人に似た」中国人が増えていくかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング