抑圧された社会に生きる日本人が「羨ましい」と思う、中国社会や中国人の性質=中国メディア 

サーチナ / 2020年7月31日 10時12分

写真

中国のポータルサイトに、日本人が中国人を見て「羨ましい」と思うことを紹介する記事が掲載された。経済や科学技術といった点ではなく、多くの中国人や中国社会に共通する「性質」について、日本人が往々にして羨ましいと思う事柄を取り上げている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に29日、日本人が中国人を見て「羨ましい」と思うことを紹介する記事が掲載された。経済や科学技術といった点ではなく、多くの中国人や中国社会に共通する「性質」について、日本人が往々にして羨ましいと思う事柄を取り上げている。

 まず最初に挙げたのは、自分が忙しい時に自分や配偶者の親が積極的に育児に参加してくれることだ。日本で行われた中高年女性を対象に実施したアンケート調査で「自分が育児中に母親や姑が一緒に子どもの世話を見てくれなかった」、「孫の面倒を見るのは、たまに家に遊びにやって来る時だけ」という回答がそれぞれ半数前後に達したことを紹介したうえで、「日本の高齢者は往々にして自ら進んで孫の面倒を見ようとはしないことが伺える」とし、日本の若い子育て世代の多くは「孫の面倒を見ることは当たり前」と考える中国の家庭が羨ましいのだと伝えた。

 次に、労働環境が「ゆるい」ことを挙げている。中国では「パジャマOK」の会社さえ存在するなど、服装に厳しい規定を設けている会社は少なく、その他就業時の行動や態度についても比較的寛容である一方、日本の会社には目に見えないルールが多く存在し、これらを1つ1つ守らなければいけないと紹介。「日本の職場はまるで地雷が埋められた戦場のようで、いつ地雷を踏むかも分からない」というジョークまで聞かれるほどだとしている。

 さらに、女性の発言権が確保されていることも、日本人が中国人をうらやむポイントの1つであると紹介。現在日本では女性の雇用や社会参画を進め、女性の地位を向上し発言権を強める取り組みが行われているとする一方で、日本社会全体には依然として「男権思想」が残っており、特に行政や長い歴史を持つ企業ではその傾向が強いと伝えた。一方中国では女性が社会においても、家庭においても多くの発言権を持っており、場合によっては「女性が男性よりも強い」現象さえ起こるとし、日本の女性にとっては羨ましい環境であることを紹介した。

 そして最後に挙げたのは、中国人が持つ「率直な性格」だ。日本人は自らの感情を内側に隠すのに対し、中国人は公衆の面前で堂々と自らの喜怒哀楽を示すと紹介。自己主張をせず、社会や集団のルールに従うことが美徳とされる日本の社会において、「日本人は自分の意見を主張したくないのではなく、意見を主張する『口』が社会によって塞がれているのだ」とし、何でもストレートに意見を述べ、自己主張ができる中国人に対ししばしば羨望を抱くのだと伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング