海外で日本人に間違えられた! 中国ネット「中国人だと言ったら、なんとも言えない顔をされた」

サーチナ / 2020年10月7日 16時12分

写真

中国のQ&Aサイトにはこのほど、中国人ネットユーザーに対して「旅行先で日本人と間違えられたことはある?」と問いかけるスレッドが立ち上げられた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人は外見的な差異はほとんどないため、欧米人にとっては日本人と中国人を外見だけで見分けるのはほぼ不可能だろう。それゆえ欧米を訪れた時には「中国人が日本人に見間違えられる」ケースや、その逆のケースは少なくないと言える。

 中国のQ&Aサイトの知乎にはこのほど、中国人ネットユーザーに対して「旅行先で日本人と間違えられたことはある?」と問いかけるスレッドが立ち上げられた。

 新型コロナウイルスが流行する前は、日中ともに海外旅行を楽しむ人は多かったがゆえに、渡航先で中国人が日本人と間違われるケースも少なくなかったようで、スレッドには「日本人と間違われた」経験を持つ中国人ネットユーザーから様々な体験談が寄せられている。

 日本を訪れた中国人旅行客の「マナー違反」が大きな注目を集めたことがあったが、マナー違反は日本国内だけの話ではなく、世界各国で同じように見られていたようだ。それゆえ、日本人に間違えられ、「中国人であることを伝えた際に現地の人が見せる、なんとも言えない表情」が残念でならないというコメントがあり、「中国は優れた国であると世界に知って欲しいのに、一部の中国人が渡航先で汚点を残している現実は極めて嘆かわしい」という意見が寄せられた。

 ほかにも、日本を訪れた中国人観光客が日本人に間違えられたというケースもあり、「日本で着物を着用して歩いていたら、欧米人から日本人と間違われて写真撮影をお願いされたり、お辞儀をされたりと、不思議な国際交流の機会があった」というコメントがあった。また、「中国国内で日本人に間違えられた」ケースもあったそうだ。中国の方言の1つである「蘇州語」は日本語に似た響きがあるようで「中国で蘇州語を話していたら日本人と間違えられた」という驚きの体験談が寄せられた。

 やはり日本人と中国人は外見が似ているだけに、中国人が日本人に間違えられるケースは少なくないようだが、「日本人に間違えられて不愉快だった」というコメントは意外にも少なく、間違えられたら冷静に対処するという中国人が多いようだった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング