中国人の目に日本人男性が「おしゃれ」に映る理由=中国

サーチナ / 2020年10月30日 8時12分

写真

急速な経済成長に伴い、アパレル市場も急速に拡大している中国。若い女性を中心におしゃれにこだわり、お金に糸目をつけない人も増えてきたものの、中国人男性でおしゃれに興味があるという人は比較的少ないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 急速な経済成長に伴い、アパレル市場も急速に拡大している中国。若い女性を中心におしゃれにこだわり、お金に糸目をつけない人も増えてきたものの、中国人男性でおしゃれに興味があるという人は比較的少ないようだ。

 この点、中国人から見ると日本人男性は「おしゃれ」に感じられるという。中国メディアの騰訊はこのほど、日本はメンズファッションが進んでいるとし、その理由について分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本には多くのメンズファッションブランドがあり、世界的に有名なデザイナーも少なくないと紹介。「日本人は他の文化圏と比べ、おしゃれに対する関心が高いようだ」と伝えた。

 そのうえで記事は、日本人男性のファッションの特徴として「冒険を恐れず、果敢に試し、自分が着たい服を着ている」と分析。他人に自分が着ているブランドを見せるために着るのではなく、あくまで自分が好きな服を着ると紹介した。この点、おしゃれよりもメンツを気にする中国では、どんなブランド物を着ているかを他人に見せたがる傾向が強いといえるだろう。

 また、「日本人男性は自分の着ている服の品位に自信を持っているように映る」という。それで大衆に流されることなく、他人に好まれる服ではなく自分が好きな服を着ており、このため個性的なファッションが生まれるのだろうと論じている。

 確かに、中国人男性と比べると日本人男性はおしゃれに気を使う人が多いようで、日本は男性ファッション誌も少なくない。中国人男性のファッションセンスについては全般的に中国人女性からも「ダサい」とかなりの不評であり、この点で日本人男性は高い評価を得ているようだ。ファッションセンスという点で中国人男性は日本人男性から学べることが多くあることだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング