1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

中国人も感じ取る「台湾人の日本好き」、その程度とは・・・=中国ネット

サーチナ / 2021年7月7日 22時12分

写真

中国では、対日感情がこの数年でかなり改善してきたとはいえ、今でも反日感情を抱いている人も少なくない。しかし、台湾は中国の真逆であり、親日家が非常に多いと言われる。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では、対日感情がこの数年でかなり改善してきたとはいえ、今でも反日感情を抱いている人も少なくない。しかし、台湾は中国の真逆であり、親日家が非常に多いと言われる。中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「台湾人は本当に日本が好きなのか」と問いかけるスレッドが立ち、中国人や台湾人が意見を寄せている。

 台湾に行ったことがないという中国人のスレ主は、台湾のバラエティー番組はネットでよく見るそうで、番組では頻繁に日本のことが取り上げられ、好意的に伝えることが多いと紹介。そのため「台湾人は親日」だと感じているという。それで「実際の台湾人は日本に対してどのような感情を抱いているのだろう」と問いかけている。

 これに対して、ある中国人ユーザーは「台湾人は日本人に嫌われることを恐れていると思う」との意見を述べている。日本で民度の低いことをする台湾人がいると、そのことをとても恥ずかしく思い、日本人に認められるようなことをするととても喜ぶとしている。また、台湾では「日本式という言葉はルールを守り、礼儀正しく、人を騙さないことを意味する。そして、その逆を中国式と言う」とのコメントもあり、中国人からすると台湾人は日本を高く評価していると見えるようだ。

 一方、台湾人だというネットユーザーからは、「日本や日本に関係するものが好きな台湾人が多いことは確かだ」、「90%の台湾人は日本好き」、「台湾人の多くは、中国でいう『精神日本人』の基準に当てはまると思う」などのコメントが寄せられ、親日という自覚があるようだ。

 中国のQ&Aサイトということもあり、親日的な台湾に否定的な意見も少なくなかったが、中国人から見ても台湾人から見ても、台湾人の多くは親日だというのが共通認識のようだ。これは、反日感情がなかなか消えない中国人からすると理解に苦しむ現象なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング