1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

清潔を保つことが習慣化していると感じる、日本人の行動=中国メディア

サーチナ / 2021年9月1日 14時12分

写真

中国のポータルサイトに、「日本人は清潔好きだ」と感じる行動を紹介する記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・百度に27日、「日本人は清潔好きだ」と感じる行動を紹介する記事が掲載された。
 
 記事は、「清潔」というテーマで話をするとたいがい日本の話になり、日本人は「清潔好き」として広く認知されていると紹介。都会にしろ農村にしろ道端にゴミが落ちていることは少ない上、家庭で出るゴミはしっかり分類され、リサイクル可能な資源もムダにならないように回収されているとした上で、日本人が清潔を保つことを習慣化させていると感じる事柄を2つ挙げている。
 
 まずは、部屋を清潔に保つ点を挙げ、自分の家だけではなくホテルの部屋もチェックアウト前にきれいに片付け、ゴミをちゃんとまとめて、「自分で納得いく状態」にしてから部屋を出ていくとした。そして、中国人にとっては自分で掃除することを考えず、気兼ねなく利用できるのがホテルのいいところであり、清潔好きな日本人のようにわざわざ丁寧に客室を片付けて立ち去るような面倒なことはしないだろうと伝えた。
 
 次に、公衆トイレなどで用を足し終えた際に汚した部分を自分できれいにして立ち去るという行動を挙げた。この背景にあるのは「次に使う人が気持ちよく利用できるように」、「次の人に迷惑をかけないように」とう心がけであり、「この点において、確かに日本人は素晴らしいのだ」と評している。
 
 記事はその上で、良い習慣というものは小さい頃からの積み重ねで培われるものであるとし、日本では清潔を保つ行動が教育や社会実践として取り入れられていると指摘。学校では毎日自分たちが使った教室を子どもたち自らが掃除を行うほか、子どもと大人が一緒になって街の清掃やゴミ拾いを行う活動も盛んに実施されているとし、そこから「汚したら、あるいは汚れていたらきれいにする」という習慣が自然と身についていくことを伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング