1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

日本より人口減少が深刻な国があった! それは韓国だった=中国報道

サーチナ / 2021年10月5日 8時12分

写真

少子高齢化に直面しているのは日本だけでなく、韓国も同様だ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本で進む少子高齢化について、「中国でもその深刻さは広く知られている」と紹介しつつ、「その日本より深刻な状況に直面しているのが韓国だ」と指摘する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 少子高齢化に直面しているのは日本だけでなく、韓国も同様だ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本で進む少子高齢化について、「中国でもその深刻さは広く知られている」と紹介しつつ、「その日本より深刻な状況に直面しているのが韓国だ」と指摘する記事を掲載した。

 記事は、韓国では今なおソウルに人口が集中する傾向が続いていることを紹介する一方、人口が集中することで若年層の競争はますます激化し、競争の激しさが若年層の経済的圧力をもたらしていると指摘した。そして、経済的圧力にさらされる韓国の若年層は子どもを産むこと、育てることに必要となる金銭的コストに辟易し、結婚や子どもを持つことを放棄する人が増えていると論じた。

 続けて、韓国の合計特殊出生率の低さは世界的に見ても最低レベルであり、ソウル市の2020年における人口は32年ぶりに1000万人を下回ってしまったと指摘、首都の人口すら減少しているということは、韓国の人口減少がそれだけ深刻であることを示していると強調し、人口減少は韓国の経済、社会に大きな打撃を与えるものであると論じた。

 また、韓国では男性に対する徴兵が行われているが、人口減少が続けば韓国は軍の縮小を余儀なくされるとし、これは韓国の安全保障にとって非常に頭の痛い問題でもあると指摘。韓国でも国籍法を改正し、外国人の移民を受け入れるべきという案が浮上したことがあったものの、激しい反発に遭ったことがあると伝えた。

 記事は、少子高齢化が続く日本ではさまざまな産業の未来が危機に瀕していると指摘する一方、韓国はその日本よりも深刻な状況であり、出生率の低さがこのまま続くようであれば、韓国は日本より先に「国が消滅してしまう」可能性すらあると強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング