1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

日本の軍国主義は海上自衛隊の護衛艦の「名称」に表れている=中国報道

サーチナ / 2021年11月17日 12時12分

写真

中国では、日本の「軍国主義復活」に警戒すべきとの論調をよく耳にする。その根拠として様々な理由が挙げられているが、中国メディアの騰訊はこのほど、海上自衛隊の護衛艦の名称から「日本の軍国主義が見て取れる」と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では、日本の「軍国主義復活」に警戒すべきとの論調をよく耳にする。その根拠として様々な理由が挙げられているが、中国メディアの騰訊はこのほど、海上自衛隊の護衛艦の名称から「日本の軍国主義が見て取れる」と主張する記事を掲載した。

 まず記事が問題視したのは、事実上の空母化に向けてF35Bの発着艦訓練も行った「いずも」だ。この名称は、旧日本海軍の「出雲」から来ており、上海事変に参加した軍艦で、日中戦争勃発後は中国を制圧するために活躍しているので、中国にとっては「とても侮辱的」な名称だと論じた。旧日本海軍の軍艦名はほかにもたくさんあるのに、あえて「いずも」と命名したことに「悪意を感じる」と主張している。

 また、「ひゅうが型護衛艦」との名称にも日本の軍国主義が表れており、「隠そうともしていない」と批判した。旧日本海軍での「日向」は、伊勢型戦艦で後に航空戦艦に改造して戦闘機を離着艦できるようにしたと紹介し、海上自衛隊の「ひゅうが」もヘリコプター搭載型護衛艦としているが、「日向」と似たようなもので「軍国主義の野心が表れている」と論じた。

 このほか、ひゅうが型護衛艦の2番艦である「いせ」との名称も、日本の軍国主義の態度をよく表していると主張した。旧日本軍では「伊勢型戦艦日向」で、海上自衛隊では「ひゅうが型護衛艦いせ」なので同じようなものであり、「いまだに帝国海軍の夢を見ている」と非難している。さらにいずも型護衛艦の2番艦「かが」も、旧日本海軍では主力空母だったと指摘した。

 それで、これら海上自衛隊の護衛艦の名称から日本の軍国主義の野心は明らかだと記事は主張し、「ファシズムの残存勢力を蘇らせることがないよう、強く警戒すべきだ」と結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください