明石市長選、暴言で辞職した前職の泉房穂氏が3回目の当選

政治山 / 2019年3月18日 9時37分

 泉房穂前市長の辞職に伴う明石市長選(兵庫県)は17日投開票され、無所属の前職で泉房穂氏(55)が8万795票(得票率70.4%)を獲得し、無所属の元職で前兵庫県議の北口寛人氏(53)と共産の新人で元兵庫県議の新町美千代氏(71)を退けて、3回目の当選を果たしました。泉氏の当選により、辞職前の任期が引き継がれるため、来月の統一地方選で再び市長選が行われます。

明石市長選挙(2019年3月17日投票)投開票結果

 泉氏は明石市出身、東大教育学部卒。NHK勤務を経て司法試験に合格し、明石市に弁護士事務所を開設。2003年衆院選に民主党から出馬して当選、衆院議員を1期2年務めました。2011、2015年の明石市長選に当選。2期目の任期をおよそ3カ月残した今年2月、道路拡幅工事の用地買収交渉(2017年6月)をめぐり市職員に対し暴言を吐いた問題で辞職しました。

 当日有権者数は24万7930人。投票率は前回(2015年)を2.14ポイント下回る46.84%でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング