御宿町の出直し町長選、前職の石田氏が4選

政治山 / 2019年7月8日 10時5分

投票用紙

※写真はイメージです

 石田義広前町長(71)の辞職に伴う御宿町長選(千葉県)は7日投開票され、無所属前職の石田氏が2,684票(得票率63.6%)を獲得し、無所属の新人で元町議の大野吉弘氏(55)を退けて、4回目の当選を果たしました。

 御宿町長選挙(2019年7月7日投票)投開票結果

 石田氏は事業や予算案を巡って町議会との対立が続き、「町民に信を問う」として辞表を提出。一方、大野氏は、国際交流事業を巡って設置された百条委員会の委員として前町長と対立してきました。石田氏の任期は、3期目の残りの2020年12月までとなります。

 当日有権者数は6,734人。投票率は選挙戦となった2012年12月を15.43ポイント下回る64.46%でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング