1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

[埼玉]小鹿野町長選が告示 現新の一騎打ち、10日投票

政治山 / 2021年10月5日 19時58分

演説

※写真はイメージです

 任期満了に伴う小鹿野町長選(埼玉県)は5日告示され、新人で自由業の新井富士男氏(61)、再選を目指す現職の森真太郎氏(64)の無所属2人が立候補しました。

 小鹿野町長選挙(2021年10月10日投票)候補者一覧

 前回(2017年)の同町長選は、いずれも無所属の新人で、無職の森真太郎氏(60)、会社役員の渡辺政治氏(70)の2人が立候補。森氏が4403票を獲得して、初当選しました(党派と年齢は選挙時)。投票率は75.25%でした。

 また同日には任期満了に伴う町議選も告示され、定数12に対して現職7、元職3、新人2の計12人が立候補、無投票で全員の当選が決まりました。平均年齢は62.42歳、党派別では共産1、無所属11で、すべて男性。任期は10月30日から4年間で、議員報酬は月額17万5000円(2019年時点、全国町村議会議長会調べ)です。

 町長選の投票は10日で、即日開票されます。4日現在の選挙人名簿登録者数は9595人(小鹿野町選挙管理委員会調べ)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング