1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

[千葉]柏市長選、太田氏が新人の争いを制して初当選

政治山 / 2021年11月3日 14時20分

投票用紙

※写真はイメージです

 任期満了に伴う柏市長選(千葉県)は10月31日投開票され、無所属の新人で元衆院議員の太田和美氏(42)が6万807票(得票率33%)を獲得し、いずれも無所属の新人で、元県議の中沢裕隆氏(51)、元市議の山下洋輔氏(43)、元市議の村田章吾氏(42)の3人を破って初当選しました。

 柏市長選挙(2021年10月31日投票)投開票結果

 太田氏は柏市生まれ、日本大学法学部卒。会社経営を経て千葉県議を1年務めた後、2006年衆院補選に初当選、3期務めました。任期は11月21日から4年間です。

 当日有権者数は35万1573人。投票率は前回(2017年)を5.29ポイント上回る54.43%でした。

 柏市は、2015(平成27)年の国勢調査によると、総人口は41万3954人で、人口増減率がプラス2.46%、平均年齢は44.9歳で全国230位、県内9位です。総務省の「地方財政状況調査」(2019年)では、予算規模は歳入が1333億3031万円、歳出が1273億2639万円です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください