【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

サライ.jp / 2019年4月27日 11時0分

写真

【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~の画像

取材・文/ふじのあやこ

家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「当たり前のように用意されていたもののありがたみがわかったのは、大人になってからなんですよね」と語るのは、朋美さん(仮名・38歳)。彼女は現在、都内の企業で働いています。質問には一つ一つ丁寧に回答してくれて、一度も姿勢を崩さないところやゆっくりと話す姿から、落ち着いた品のある女性といった印象を受けます。
両親は定年までずっと共働き。夏休みは寂しくて不安で仕方なかった
朋美さんは兵庫県出身で、両親と8歳上に姉のいる4人家族。両親の出会いは職場で、2人とも定年まで同じ会社で働き続けたと言います。

「母親のほうが7歳下なので、同僚というわけではなかったんですが、社内恋愛の末に結婚したみたいです。そして2人とも結婚してからも60歳の定年まで同じ会社で働いていました。私は姉と年齢が離れている分、母親が30歳を超えてからの子供なので、母親ももう70歳。母親が定年退職したのはもう10年前の話になります」

小さい頃からずっと共働きの両親を持つ朋美さんが当時の記憶として覚えていることは寂しさだったそうです。

「母親は17時半くらいに帰宅してくるので、学校から帰ってきたらそこまでは一人ぼっちなんです。小学生の時に姉は中学生や高校生で部活が忙しく、親よりも帰宅が遅かったから。まだ平日は我慢できるんですが、一番辛かった記憶として残っているのは、夏休みなどの長期休暇です。朝起きたらもう両親はいなくて、夕方まで誰も帰ってこない。当時朝から昼ぐらいまで夏休みだけのアニメがよくテレビでやっていたんです。それを見て、母親が用意してくれていたご飯を食べて、その後は時間を持て余していたので宿題などをやっていました。小学校高学年になると友人と遊んだりしていたんですが、低学年の時は誰とも遊ばずにずっと家に居たので、寂しくて不安で仕方なかったことを覚えていますね」

【次ページに続きます】

子供の成績には無関心の両親。家族旅行もなく、残っているのは父母と別々に遊んでいた記憶だけ
朋美さんは小さい頃からずっと成績が良く、勉強することも嫌いじゃなかったとのこと。しかし両親が勉強を見てくれた記憶は残っていないと語ります。

「母親が帰ってくるまで時間を持て余していたので、宿題や勉強する時間がたっぷりあったんですよね。その他に当時ハマっていたことも、趣味も特になかったから。それに私は元々、授業などでわからないことに出合うことが楽しかったんです。理解できるという感覚が好きだった気がしますね。そんな甲斐もあって、勉強は小さい頃からできたんですよ。

でも、どんなにテストで100点を取っても、通信簿でほとんどが5だったとしても、両親から褒められることはありませんでしたね。勉強を見てくれた記憶もないし、もちろん成績について怒られたこともなかった。両親から成績について何かを言われたことはありませんでした。私の成績が良かったからというより、基本何に関しても口を出すような両親じゃなかった気がします。姉はあまり勉強ができるタイプじゃなかったのに、姉にも両親が何かを言っている感じはなかったので」

家族旅行などの4人での思い出についてもあまり思い出せないそう。覚えているのは、両親のどちらかと一緒だった記憶だと言います。

「家族旅行と言っていいのかわかりませんが、両親の会社の人たちご家族との旅行には何度か行ったことがあります。しかしその旅行でさえ姉はすでに思春期を迎えていたのか行くのを嫌がって参加していませんでしたね。それに、お正月などに祖父母の家に行くことはありましたが、両方ともの祖父母の家は電車で数駅のところにあって、朝から行って夜に帰るような感じだったからどこかに家族で泊まるなんて記憶はありません。

両親のどちらかと出かけたことは覚えています。父親にはよく動物園に連れて行ってもらっていました。母親とは近所のスーパーに一緒に買い物に行くくらいですかね。小さい頃から買い物に行くと、母親は何でも好きなお菓子を買ってくれていました。スーパーの光景でよくある、お菓子を買ってくれない親に対して子供がぐずるようなことは私の家庭ではありませんでした。何でもカゴに入れてよかったんですよ」

家族で出かけることがなかった理由に朋美さんはあることを挙げます。

「小さい頃からずっと、両親は不仲でした。それは完全に父親のせい。父親にはギャンブル癖があったんです」

父親のギャンブルで借金取りからの電話を朋美さんは受けてしまいその事実を知ることに。そのことから、父親を嫌い、母親を守らなければという気持ちが芽生えていきます。
【~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

[scode_seraipage tag="娘のきもち" number="16" layout="1"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング