有働・井ノ原コンビの『あさイチ』卒業で、他局が目論む視聴率争い

週プレNEWS / 2018年2月25日 6時0分

1969年3月22日生まれ、大阪府出身。神戸女学院大学文学部卒業。1991年にNHK入局。これまでに『NHK紅白歌合戦』で総合司会を何度も務めるなど、“NHKの顔”として活躍。人気・実力ともに女子アナ業界でトップ

朝の情報番組『あさイチ』のMCを務めるNHK・有働由美子アナとV6・井ノ原快彦がそろって3月末に卒業することが、本人たちの口から発表された。

「有働アナは番組内で『(報道で)結婚するからとか、プライベートの充実のためにといわれていますけど、それで仕事を辞めないよね。っていうか、プライベートは充実しているから』と卒業理由を明かさないままでした。実際のところは、とにかく時間的な余裕が欲しいということのようです」(NHK関係者)

ふたりの後任を務めるのは、入局7年目の近江友里恵アナとお笑いコンビ・博多華丸・大吉。この人選に喜んでいるのが、同時間帯に放送されている他局の番組スタッフだという。

「『あさイチ』は平均視聴率が12%前後で、同時間帯視聴率でトップを独走するオバケ番組。もちろん、これは有働アナと井ノ原の貢献度によるところが大きい。近江アナは『ブラタモリ』のアシスタントとして人気になっていますが、それでも有働アナには及びません。しかも、彼女はニュース畑を歩んできているので、アドリブ力が弱いんです。

有働アナのように、番組内で膣トレや脇汗について熱弁を振るうキャラではない。博多華丸・大吉との相性も未知数ですし、視聴率はガクンと落ちるはず。どの局も『あさイチ』視聴者を自分の番組に取り込もうと、あれこれ策を練ってくると思いますよ」(制作会社幹部)

朝番組の視聴率争いが激化するのは間違いなさそうだ。

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング