女性の薬指の長さでアレがわかる?

週プレNEWS / 2012年7月9日 19時45分

女性の薬指の長さと女性ホルモンの関係性についての興味深い研究結果とは?

女性との飲みの席で手相の話題は盛り上がるものですが、最近は手に関する科学的な研究が進み、さまざまな興味深い発見がされているようです。

早稲田大学で「恋愛学」を教える森川友義教授が、指の長さと女性ホルモンの関係性について、多くの女性が食いつきそうな、ある重要な研究結果を解説します。

***

女性に人気の手相。雑誌や書籍など、手相で結婚運や金運を知ろうというものは多々ありますが、個人的にはあまりに非科学的で根拠に乏しく、そんなもので結婚運や金運がわかったら大変なことだと思っています。「手なんか見たって何もわからないですよ」と声を大にして言いたいところですが、最近、科学的研究が生物学者の間で行なわれてきて、手に関する統計的に有意な発見がされているのです。

以前、人さし指と薬指の長さで、私たちの性格がわかると解説しましたが、これは、男女ホルモンの量が人さし指、薬指の長さに影響を及ぼしているからです。女性は平均すると、右手の人さし指と薬指の長さがほぼ同じなのですが、男性ホルモンであるテストステロンが多いと薬指がより長く、女性ホルモンであるエストロゲンが多いと人さし指がより長くなるというわけです。

さて、今回は「女性の薬指の左右対称性で、子だくさんかどうかわかる」という話です。もちろん、これには男性の努力も必要ですから一概には言えませんが、女性が多産型かどうかがある程度はわかってしまうのです。

ポーランドの人類学者ヤシエンスカらは、女性ホルモンと関係している左右の薬指の長さのシンメトリーに着目して、生殖力との関係を調べました。両手の薬指の長さを測り、左右の差が1mm未満ならばシンメトリー、その差が2mmより大きい場合は非シンメトリーとしてふたつのグループに分類しました(その間の1~2mm差の人は実験対象からは除外)。

そしてこのふたつのグループの唾液を毎日採取して、女性ホルモンのひとつであるエストラジオールの変化を測定しました。その結果、左右の薬指の長さがシンメトリーな女性は、非シンメトリーの女性より、妊娠しやすい時期には21%、それ以外の時期には28%もエストラジオールが多いことがわかりました。つまり、左右対称の薬指を持っている女性は多産型、たくさん子供を持つ可能性が高いということです。

なので、女性と親しくなったら、「両手の薬指、見せてくれる?」と言って、さりげなく両手の薬指に触れてみてください。もし、長さがシンメトリーだったら「すごくいいね。結婚したら子だくさんだよ」と言ってあげましょう。

きっと女性は「どうして?」と聞いてくるでしょうから、上記の話をするとよいでしょう。手相に興味をもつような女性であれば、きっと食いついてくるはずです。このとき重要なのは、さりげなく相手の指に触るということです。何げなく触覚を刺激することは親近感を増大させます。物理的な距離が縮まれば、精神的な距離も縮むというもの。ぜひお試しください。

■週刊プレイボーイ連載コラム「森川友義教授の超科学的恋愛講座」より



【関連ニュース】

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング