日本維新の会に“すり寄る”人々は3種類に分けられる?

週プレNEWS / 2012年9月24日 19時0分

9月23日、日本維新の会が2回目となる公開討論会を開いた。今回は維新にくら替えした国会議員3名に加え、新たに今井雅人氏(民主党)、谷畑孝氏(自民党)が初参加。討論会後に日本維新に合流する意向を改めて示したが、討論会上ではほとんど発言せず、存在感を示せなかった。

そんな維新の会に近づいてくる人々は、大きく分けて3種類いると政治評論家の浅川博忠氏はいう。

「パート1は、中央政界からの脱落組。中田宏前横浜市長、山田宏前杉並区長、大村秀章愛知県知事といった面々です。いずれも国会議員でしたが、人間関係などに失敗し、地方政界へと転身しています。ただ、いつかは中央政界へ復帰しようという色気がある。特に中田、山田の『Wヒロシ』は野田首相とは日本新党時代の同期。その同期が宰相に上り詰めたのですから、自分ももっとやれるはずという焦りがある。そこで維新人気に便乗して国政へと打って出ようとしているのです」

パート2は、東国原英夫前宮崎県知事。

「地方自治から国政へと転身したい。維新は地方政党で、地方主権や道州制を主張しているだけに、地方自治を知っている自分を売り出すチャンスと見ている。維新からの出馬は間違いないでしょう」(浅川氏)

そしてパート3が、松野頼久元官房副長官、松浪健太氏ら、維新への合流を決めた現職の国会議員だ。

「こちらは次の衆院選挙で当選がおぼつかないと危機感を高めている人たち。当選目当てに維新に接近しているだけで、いわば個人的なサバイバルをしているにすぎません」(浅川氏)

なんだか、維新の周囲にすり寄ってくる人はくすんだイメージの人が多いような……。維新の会の地方議員がつぶやく。

「今の維新の現状には冷や冷やしています。勢いはすごいけど、それに見合った内実はない。完全な力不足。なのに一気に国政に進出し、与党の一角すらを占めそうな勢いです。安倍さんが自民の総裁になれば、連携話が持ち上がって自民・公明・維新の連立与党が成立するでしょう。でも、その話に乗るべきではないのかも。野党から攻撃を受ければ、いずれ馬脚を現すに決まっていますから。今は野党の立場から国会運営を学び、力を蓄えるべき。そう思えてならないんです」

次期衆院選で維新の会の大勝利は確実。でも、そのときこそ、橋下・維新の会が挫折を味わうスタートなのかもしれない。



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング