『キン肉マン』の貴重なアイテムを見られる原画&企画展「マッスルミュージアム」が開催中!

週プレNEWS / 2012年9月27日 13時0分

「キン肉マン」の輝かしい33年間をいろどる貴重なアイテムの数々が展示されている

現在、「週プレNEWS」で好評連載中の『キン肉マン』。



1979年の連載開始から現在に至るまでに描かれてきた幾多の名場面の漫画原稿をはじめ、漫画製作過程における下書きや、作者・ゆでたまごのデビューのきっかけとなった赤塚賞の受賞記念品、本邦初公開となる油彩画など、約33年の歴史を物語るアイテムを多数展示するイベント「マッスルミュージアム」が、10月2日(火)まで、新宿タカシマヤ10階の特設会場にて開催中だ。

入場は無料。期間中は上記展示のほか、数量限定のフィギュアやポスターなどのグッズ販売も同会場内にて実施。また9月30日(日)には、当日限定販売となるポスターをお買い上げの先着100名を対象に、原作担当・嶋田隆司先生のサイン会も開催予定だ。



(※ポスターの売上は、制作費を除き、すべてNPO法人〈国境なき子供たち〉を通じて、被災地の復興支援に役立てられます)。

今回のイベントに際して、「満を持して秘蔵の品を出した」と話すゆでたまご嶋田先生に、見ドコロを語ってもらった。



「特に注目してもらいたいのは、本邦初公開となる中井君(作画担当・中井義則先生)の描いた油絵ですね。これは約10年ほど前に何かの記念で中井君が描き下ろしたたもので、僕がプレゼントされて大阪の実家で預かっていたんですよ。今回の企画にあたり、専門のスタッフをボクの実家まで派遣して東京まで運んできてもらったものなんです。一見の価値はあると思います!」

このほか、展示される漫画原稿はすべて複製画でない“本物”の原画を使用するなど、随所にこだわりが感じられるこのイベント。ここは、嶋田先生の言葉で締めよう。

「これは女房を質に入れてでも、絶対に見に行かなあきまへんで!」

(取材・文/山下貴弘、撮影/佐賀章広)

【「マッスルミュージアム」in新宿タカシマヤ 開催概要】



場所:新宿タカシマヤ 10階 特設会場



期間:9月26日(水)~10月2日(火)10:00~20:00(※最終日は17:00閉場)



住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5‐ 24‐2



交通:JR「新宿駅」新南口より徒歩1分。都営新宿線・都営大江戸線・京王新線「新宿駅」より徒歩5分。東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」より徒歩3分(地下1階地下鉄口直結)

 

 



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング