珍機能が光る? ここまできた日本の“トンデモ家電”たち

週プレNEWS / 2012年10月12日 13時0分

日本を代表する家電メーカーはすべてトンデモ商品を作っているが、なかでもパナソニックとシャープが突出しているとか?

消費者の興味を引くため、さまざまな新機能の搭載に躍起になっている大手家電メーカー。しかし、その独自の進化が、日本ならではの“トンデモ家電”を生み出している。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏に、そんな“トンデモ家電”の数々を解説してもらおう。

まずは、“さくら色”がウリのLEDランプ「シャープ DL−C604V」(7万4800円)。実際に見た印象では、さくら色というより強烈なピンク色だが……?

「ホントに『こんなにピンクでいいの?』って色ですよね。シャープは『癒やしと安眠の効果』を強調していますが、この照明で果たしてリラックスできるんでしょうか。『慣れれば……』という意見もあるかと思いますが、こんなピンク色にワタシは慣れたくありません(苦笑)」(安蔵氏)

続いては、高機能がウリの炊飯器「パナソニック SR-SX102」(6万7770円)。近年、炊飯器は「お米をおいしく炊く機能」に注目が集まっており、高額な製品も売れているという。

「高機能炊飯器を求める消費者が増えたことで、かなり高額な炊飯器も売れる状況にあります。しかし、これはそうしたトレンドとは違う方向に進化してしまったモデルです」(安蔵氏)

この「SR-SX102」は、スマホとの連携がウリ。なんとパエリアやビビンバなどのレシピをスマホで検索し炊飯器に転送したり、炊飯コースを設定したりできるそうだ。

「でも実際に炊飯器でそこまでいろいろな料理を作ることが求められているでしょうか。炊飯コースの設定にしても、ご飯を炊くだけにそんな大げさな……という感が否めません。どう考えても、『クラウド』とか『スマホと連携』という企画ありきで作られた製品のように思えますね」(安蔵氏)

パナソニック製品には、ほかに14万円もする天井収納式物干し竿なども。ホームページで製品紹介されている部屋干し用送風機との組み合わせがオススメのようだが、なんと合計約20万円にもなってしまう。

「ここまでお金を使うなら、ヒートポンプ式の衣類乾燥機を買ったほうがいいんじゃないでしょうか。また、誰に向けた商品なのか、というあたりも疑問です。洗濯物を干した後で天井まで上昇させれば邪魔にならないということですが、それには相当の天井高が必要でしょう(笑)」(安蔵氏)

安蔵氏によると、パナソニック、東芝、日立、シャープなど、日本を代表する家電メーカーはすべてトンデモ商品を作っているが、なかでもパナソニックとシャープが突出している、という。

「ただ、家電はトンデモ製品から出てきたアイデアや技術が進化し、将来につながることもある。長い目で見守ってほしいと思います」(安蔵氏)

「ホントにいる?」と思える珍機能が、いつか花開くことを願おう。

(構成/植村祐介)



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング