『佐川男子』のヒットに続き、男性芸能人の全裸写真集が発売される?

週プレNEWS / 2012年11月9日 14時0分

総勢51人のイケメンセールスドライバーたちが登場する『佐川男子』。爽やか×男らしさでロングヒット中

今年8月に発売された写真集『佐川男子』(飛鳥新社)が売れている。

「読者は19歳から29歳の女性が全体の約35%。30歳から49歳の女性まで含めると全体の6割を超えます。『額に汗して働いている男の人ってやっぱりカッコいい』『仕事で疲れたとき、この本でキュンキュンしています』という感想が多いようです。初版は1万部でしたが、すぐに増刷が決まり現在2万部とか」(出版界の流通に詳しい某ライター)

イケメンセールスドライバーが多数掲載されているとはいえ、全員が素人。人気女性タレントの写真集でも初版5000部前後が当たり前という現在の出版業界を考えると、異例ともいえる売れ行きだ。

「以前から、女子の間では『佐川っていいよね』とひっそり語られていたんです」

そう語るのは、非モテ女子の心中を赤裸々に吐露した『女子をこじらせて』(ポット出版)著者のライター、雨宮まみ氏。爽やかな制服に、重い荷物で鍛えられた筋肉がいいという。

「男性は、よく行く喫茶店の女の店員さんが話しかけてくれたら『俺に気があるんじゃないの?』って妄想したりするじゃないですか。それと同じで、佐川男子に『今日もいいお天気ですね』とか言われたら、もしかして私のこと……って妄想しやすい。仕事内容もハードだろうから、家に帰った途端、バタンと倒れて寝てそうなところも母性本能をくすぐるんです」

それでは、“ポスト佐川男子”はどういう職業男子だろうか。雨宮氏がまず注視するのは、やはり肉体的な魅力だ。

「男子が女子を巨乳だなんだと評するように、最近は女子が男子をエロい目で見ることが解禁されてきたように感じます。例えばイケメンAV男優のイベントに行くと、最後は必ずファンの女性から『脱いで!』コールが起こるんです」

それを見たとき、「日本は変わったなと思った」という雨宮氏。

「そういう意味で、筋肉系のトラック野郎男子なんか人気が出そう。ハードすぎる筋肉はパス、という女子にはベーカリー男子がいいんじゃないでしょうか。パンをこねるときに力が入る、背中や腕の筋肉の動きがセクシーなんです」

どちらもマッチョかつ身近な距離感がポイントだという。

また、この流れが続いた場合、意外な製品が登場するだろうとも予想する。

「近い将来、男性芸能人の全裸写真集が出るんじゃないかとにらんでるんです。タレントさんはあまりギラギラしていない人で、撮影は一流の写真家。『アートだから』『私はこの人の演技や歌が好きだから買うの』と、女子が言い訳できる余地が必須ですが」

男性版『Santa Fe』の登場……確かに売れそうかも。

(取材・文/山脇麻生 イラスト/犬山紙子)

■週刊プレイボーイ47号「次に来るのは○○男子だ!!」より



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング