ギネス世界記録を樹立したAKB恋愛ゲーム第3弾。横山由依は高橋みなみの告白を「お断り!」

週プレNEWS / 2012年12月7日 17時3分

149名のポップシンガーが登場するゲームは世界初。話題の恋愛ゲーム第3弾でAKBがギネス世界記録を樹立

AKB48が12月20日に発売する恋愛シュミレーションゲーム『AKB1/149 恋愛総選挙』(バンダイナムコゲームス)で、ギネス世界記録を樹立した。

その項目は「Most pop singers featured in a video game(最も多くのポップシンガーがフィーチャーされたビデオゲーム)」。

AKBメンバーをフリまくり、たったひとりを選ぶという夢のような設定が話題となった『AKB1/48』シリーズ。第3弾の今作はAKB48だけでなく、姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48、合わせて149名がこのゲームに登場する。その149名という数字がギネスに認定されたというわけだ。

6日、バンダイナムコゲームス本社でギネス世界記録公式認定員から、AKB48を代表して登場した高橋みなみ、渡辺麻友、横山由依の3人に認定書が授与。あわせて12月10日からオンエアされる新CMの発表も行なわれた。

ギネスブックについて横山は「AKBグループは人数が多いのが特徴で、その特徴を生かしたギネスの記録をいただけるなんて光栄なこと」と感想を語り、渡辺は「世界が認めてくれたのはすごいことで、世界に羽ばたける第一歩が進めたのかな」喜びを口にした。

テレビCMは、メンバーがファンにドッキリを仕掛ける。ゲームの感想を語るファンの後ろからメンバーが登場し、驚かせてしまうという内容だ。仕掛け人は大島優子、高橋みなみ、渡辺麻友の3人で、計6パターンのCMが流される予定。

高橋はCMについての感想を「普段はドッキリを仕掛けられる側なので。仕掛け人側ってこんなに楽しいんだ(笑)」と笑顔。渡辺は「みなさんいい反応をしてくださって(笑)。それとファンの方に『(私に)推し変しますか』って聞くんですけど、絶対に折れない人もいたりして、それは逆に心が折れましたね」と撮影の裏側を話した。

横山はゲームについて「私はまゆゆさんと付き合おうも思います」と宣言。高橋から「私は?」と聞かれると、「お断りしておきます」とバッサリ。高橋は落ち込みながら「このゲームの発売時期は握手会でファンから『たかみなをフッたよ!』と言われることが多い」と語り、今回は私をぜひ選んでほしいとアピールしていた。

(取材・文・撮影/関根弘康)

 



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング