初日の出はおにぎり持参で山へ行くと運気がアップする

週プレNEWS / 2012年12月11日 15時0分

転職や引っ越しを考えている人は、ラッキー食の米のおにぎり持参で山に初日の出を見に行くといいらしい

2012年も残りわずか。「来年こそいい年に」と願うならば、家でゴロゴロせず、年明けから積極的に行動を起すのが吉。しかも、初詣や初日の出は、その年の運気を上げるのにぴったりなのだ。元旦から幸運をつかむ方法を、風水師のDr.コパ氏に聞いた。

まず、一年のスタートともいえる初詣は何日までに行けばいいのだろうか。

「初詣は元旦の初日の出前後か3日の日中。今年は両日行けばさらに運が良くなる年回りです。遷宮となる伊勢神宮は特に運気が上がりますが、近場なら氏神様に行くといい」

その際、できれば自分の「自慢の一品」を持参すると、より運気が上がるとか。

「お参りするときには自信があるものを持参して、自分がどんな人間か神様にわかるようにする。彼女に自信があれば彼女、いなければ好きなタレントの写真でも。帰りは必ずお神酒を拝戴することです」

一方、初日の出は目的によって行き先が異なるという。

「初日の出では、仕事運を上げたい人は海から昇る太陽を赤と青のものを身につけて見るのがいいね。海ついでにラッキーフードの寿司や刺し身を食べるもよし。同じ仕事運でも転職や引っ越しを考えてる人なら山のほうがいい。色は特に白とオレンジと緑。ラッキー食のお米をおにぎりにして持っていき、日本酒を飲むのもオススメです」

開運で大事なのは、まず行動してみること。意識が幸せに向き、運を招きやすいそうだ。コパ氏のアドバイスを胸に、巳年である2013年、今の自分から“脱皮”してみよう。

(取材・文/渡邉裕美 直井裕太 海老澤佑太 昌谷大介[A4studio] イラスト/なかのたかし)

●Dr.コパ



風水の家相・方位・インテリア学の第一人者。『Dr.コパの2013 風水ミラクル大金運』(廣済堂出版)など発売中。公式HP【http://copa.jp/】

■週刊プレイボーイ52号「年末年始、退屈しない男の過ごし方」より



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング