最高賞金額は10億円? 噂のロト7は導入されるのか

週プレNEWS / 2013年1月26日 6時0分

最高賞金額10億円とも予測され期待が高まるロト7。気になる その発売時期は……?

昨年あたりからロト7導入の噂が都市伝説のようにジワジワ広がっている。「ロト7のキャリーオーバー時の最高賞金額は年末ジャンボ宝くじと同じ6億円になる」「ライバルのtotoBⅠGより高額の8億円になる」など、それなりにどの噂も説得力があるのだが、肝心のみずほ銀行宝くじ部と総務省は口を固く結んだままだ。

そこで、ロト7導入の可能性について『ロト・ナンバーズ「超」的中法』(主婦の友インフォス情報社)の石川修編集長を直撃した。

「ロト7は導入されるはずです。数年前から、ロト7という名前ではなく“スーパーロト”という名前で導入の検討が行なわれています。一昨年の10月24日、みずほ銀行宝くじ部が、総務省による『第2回宝くじ活性化検討会』に提出した資料に初めて具体的に“ロト7”って単語が登場したようです」

その資料にはロト7についてこのように記載されている。

「ロト7(仮称)やインターネット専用商品などの重要な新商品については、全国自治宝くじ事務協議会内にプロジェクトチームを設置するなどして、検討を行っているのが現状である」

ここでは「ロト7を検討」にとどまっているが、一昨年末の「宝くじ活性化検討会」の報告書では、より具体的なロト7のイメージが浮かび上がる。

●スポーツ振興くじtotoなどの競合するくじ等でも高額当せん金を有する商品の売れ行きが良い。



●海外では、ロトを中心として当せん金の最高倍率の上限のないくじが主流になっている。



●発売団体が、商品設計の自由度を高めて、1等賞金を引き上げられるよう、当せん金の最高倍率を引き上げる法律改正を行うべき。

要するに、「ロト7は法律を改正してでも、より高額の賞金にすべき」としている。となると、気になるのは発売開始時期と最高賞金額だ。

「一部報道では『4月にロト7発売開始』と出ましたが、果たして間に合うのか。ロト6が週2回抽せんになるときも、きちんとリリースが出てから、ある程度の告知期間を経て開始されているので、ひょっとすると夏以降にズレ込む可能性も……」(石川編集長)

「1等6億円のtotoBⅠGに、ファンを食われているので、Jリーグが開幕してtotoBⅠGが始まってから、ロト7をぶつける。ズバリ4月発売です」(宝くじ情報に詳しいライター・勝家アタル氏)

では最高賞金はどうなるのか。

「ロト6で最高賞金額は4億円、年末ジャンボ宝くじで1等と前後賞合わせて6億円ですから、ロト7の最高賞金額が6億円や8億円だと、インパクトが薄いですよ。やっぱり『ビリオネア誕生』と宣伝できる10億円になるのでは?」(石川編集長)

なんと夢の10億円! これはひょっとするとアベノミクスよりも景気のいい話かも?

■週刊プレイボーイ5号「ついに発売!? ロト7の最高賞金額は10億円!?」より



【関連ニュース】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング