Jリーグ改革の切り札、日本版プレミアリーグ構想とは?

週プレNEWS / 2013年1月30日 19時0分

Jリーグ各チームの新体制会見が続々と行なわれ、2013年シーズンが始動するなか、FC東京が元スペイン代表のラウル・ゴンザレスの獲得に動いているとの報道が流れた。また、昨年オーストラリア・AリーグのシドニーFCに移籍した元イタリア代表、アレッサンドロ・デルピエロも、今夏のJリーグ移籍の可能性が取り沙汰されている。

発足当時のJリーグは、「世界一給料が高いリーグ」と言われていた。まだ欧州や南米で十分やれるような大物外国人が来ていたあの時代が、夢のようだ。

この冬、浦和レッズは広島から森脇良太、仙台から関口訓充、鹿島から興梠慎三といった日本の代表、元代表クラスを獲得したが、いずれも契約満了に伴う、いわゆる「0円移籍」。お買い得な選手をうまく集めた状態にすぎない。

しかし一方で、主力といえる選手を引き抜かれてしまったクラブの側にも事情があるという。代理人のC氏が語る。

「J1の優勝賞金なんて、たったの2億円ですよ。その中からボーナスを選手、スタッフに分配すると、クラブに残る金はたかが知れている。しかも、優勝したからといって、スポンサーや観客の数が急増するわけじゃない。広島や仙台はもともと経営状態がぎりぎりだから、リーグで好成績を残しても選手の年俸を上げてやれない現実があるんです。だから、主力が出ていくのを引き留められない」

スポーツ紙記者のB氏によれば、「昨季優勝した広島の森保一監督なんて年俸3000万円」だとか。Jリーグには、海外のように潤沢な資金のあるクラブは存在しないのか。

「結局、J1で財政的に余裕があるのは、バックにトヨタマネーが控えている名古屋ぐらい。ストイコビッチ監督には1億3000万円の年俸を支払っている」(サッカー専門誌デスクのA氏)

だが、その名古屋にも目立った補強の動きは見られない。資金に余裕があるなら、もっと積極的に動いてもよさそうだが……。

「Jリーグ内でここ数年検討されている『日本版プレミアリーグ構想』というのがあるんです。全国的にJクラブが増えた結果、プロサッカーリーグに発足当初のありがたみがなくなり、人々に飽きられた。そこで閉塞状況を打破するため、実力と集客力を兼ね備えた8クラブほどをピックアップしてJ1の上に新リーグを作り、少数精鋭でかつてのスペシャル感を取り戻そうと。トップリーグがビジネス上成功すれば、下部リーグにも波及効果が出るから、Jリーグ全体が活性化される。名古屋はこの構想に乗り気で、そのプレミアリーグが発足したときに思い切って選手を集めるため、今は自重しているのではとささやかれています」(前出・C氏)

新リーグに移行しそうなメンツは、名古屋、浦和、鹿島、横浜FMあたりと言われる。果たして「日本版プレミアリーグ」が実現し、人気再燃の起爆剤となる日は来るのか……?

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング