“元隊員”に会える「ウルトラマンレストラン」はここだ

週プレNEWS / 2013年2月9日 6時0分

『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役でブレイクした森次さんがウルトラアイを持つ姿、今もカッコいい!

円谷プロ50周年を迎える今、あらためて注目されるウルトラマンシリーズ。単なる子供相手の特撮ヒーローではなく、愛、勇気、決断など、さまざまな男の生きざまを見せてくれた。そんな時代を築いたヒーローたちの熱い声に耳を傾けたいなら、“ウルトラマンレストラン”に行ってみよう。

***

『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役でブレイクした森次晃嗣さんは、25年前にウルトラセブンファンの聖地「ジョリーシャポー」をオープン。

お店にはお宝級のセブングッズや懐かしのシーンの写真が勢ぞろいする。当初は愛するシャンソンを聴かせる店としてオープンしたが、次第に“モロボシ・ダンの店”と知られるようになり、全国からセブンファンが集まってきた。撮影のない日には、モロボシ・ダンが自ら厨房に立って調理してくれるから、大感激だ。森次さんが語る。

「ウルトラセブンに出演したのは24歳のとき。大きなチャンスだったね。当時はスタッフも出演者も子供番組なんて意識はまったくなくて。レベルの高いドラマを作ろうと必死だった。だから、今も燃え続けているんでしょうね。店にも幅広い年齢の人が来てくれるけど、そんなファンに喜んでもらうためにも、ダンを演じ続けたい。ダンからのメッセージは、今は厳しい時代だけど夢を持ってほしい。近くにある小さな夢でいいんだ。そして、夢を叶えるために、『すぐに諦めず、耐える力を持て!』と言いたい」

●ジョリーシャポー



神奈川県藤沢市鵠沼海岸6-8-3 TEL0466-34-7331



11時30分~17時30分 月曜休(祝日の場合は翌日休)



*毎月1回ファンミーティングを開催。定員30名、チャージ一般3500円。開催日時は森次氏のオフィシャルサイトにて発表。森次さんの在・不在は事前に電話で確認してほしい。

●森次晃嗣(もりつぐ・こうじ)



1943年生まれ。65年にテレビドラマ『青春をぶっつけろ』でデビュー。67年、『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役でブレイク。現在のウルトラシリーズにいたるまで、45年にわたってダンを演じ続けている

『ウルトラマンA』で「ぶったるんどる!」と主人公の北斗隊員を怒鳴る二丁銃の使い手、山中一郎隊員を好演した沖田駿一さんは芸能界引退と同時にバー「ラ シオン」をオープン。常連客が熱烈なウルトラマンAのファンだったことをきっかけに、5年前から愛好家が集まるようになった。毎月1回開催される集いでは、作品を観ながら懐かしい話で盛り上がる。沖田さんが振り返る。

「出演を聞いたときは、『やるのぉ?』くらいの気持ちだったんですよ。でも現場はチームワークが良くて、楽しかったね。制服姿で食事に行って、子供たちに囲まれたなんてこともありました。私の若い頃は、先輩に飲みに連れていってもらったり、遊び方を教えてもらったものだけど、今の若い人はおとなしいよね。黙ってたって年取っちゃうんだから、若いうちはハメを外したらいい。店に来たら、いつでも『ぶったるんどる!』って活を入れてやるよ」

●ラ シオン



東京都世田谷区玉川3-5-7 黒川ビル2F TEL03-3709-1159



18時30分~翌1時 日曜休



*毎月1回(予定)ファンの集いを開催。参加希望者は、一度店に足を運んでノートに連絡先を記入するべし!

●沖田駿一(おきた・しゅんいち)



1946年生まれ。日活ニューフェイス7期生に選ばれ、映画デビュー。1972年、『ウルトラマンA』で二丁銃の使い手・山中一郎隊員を好演。80年代後半に芸能界を引退

(取材・文/宮崎俊哉 山田美恵 中島大輔 大竹 良 撮影/西崎進也)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング