EVにもカンタン装着! マグネシウム電池で車社会が変わる

週プレNEWS / 2013年3月5日 6時0分

矢部教授の「フィルム型マグネシウム電池」は、薄い銅シートにマグネシウムを装着させたものをビデオテープのように巻いて箱に収納する。従来のマグネシウム電池の弱点を克服し、安全性も大幅にアップ!

世界にエネルギー革命を起こすかもしれない「マグネシウム電池」。東京工業大学の矢部孝教授が発明し、スマホなら1ヵ月は充電不要で使えるようになるといわれている。

矢部教授のマグネシウム電池事業化計画が特異なのは、その実現が近未来ではなく、数年以内に迫っていること。教授のロードマップはこうだ。

2013年に自動車用を開発し、2014年にケータイ用を開発。2015年に電車用と自動車用(大量生産版)の開発……。ちなみに、今年の「自動車用の開発」とは具体的にどんなことを行なっているのか?

「今、EV(電気自動車)がはやりつつありますが、使い勝手は決してよくない。そこで、携帯コンロのカセットボンベのように、マグネシウム電池をポンと自動車に装着する。それをガソリンスタンドやコンビニなどで売る。使い終わった電池もそこで回収する。目指すのはそんな車社会です。将来的には、マグネシウム電池16キログラムで500キロメートル走行を実現します。電池代は約3800円。燃費10キロメートル/リットル、ガソリン代をリッター150円で計算すると普通車なら7500円なので、約半額です」

実はこの2月中旬、矢部教授は渡米してアメリカの自動車関連メーカーとの回路設計の打ち合わせに臨んでいる。

もちろん、日本の自動車メーカーも矢部教授のもとを何度も訪れるなど、関心がないわけではない。だが、「検討します」という回答から、いちいち時間がかかっているというのが実情だ。

車だけではない。現在と同程度の性能なら、必要なマグネシウム電池は、ノートパソコンには2、3グラムと1円以下。オートバイは300キロメートル走行に約5キログラムで約1200円。ソーラーに代わる家庭用電気になら、自動車と同じ16キログラムで1ヵ月もつ計算だ。

だが、使い終わったマグネシウム電池はどうするのか?

「リサイクルします。マグネシウムは発電すると、酸化マグネシウムに変わります。ところが、これにレーザーを当てると、再びマグネシウムに戻る。つまり、何度でも再使用が可能なんです」

矢部教授のロードマップを見ると、確かに、2014年に「マグネシウム再生工場稼働」と書いてあり、「もう準備に入っています」とのこと。

車を動かせるほどパワフルで価格も安く、再利用も可能。まさに“夢の電池”といえるのではないだろうか。

(取材・文/樫田秀樹、撮影/五十嵐和博)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング