キング・カズがもんじゃ焼きを食べない理由とは?

週プレNEWS / 2013年3月6日 6時0分

パジャマにストールを巻いて寝ることも……? キング・カズの“想像の範囲を超越した”ファッションの流儀が明らかに!

20年目の開幕を迎えたJリーグ。当然、注目されるのは優勝争いだが、週プレはJ2・横浜FCでプロ生活28年目のシーズンを迎えた46歳のカズこと三浦知良にあえて注目したい。年齢を重ねるごとにカッコよさを増す、ジャンルの枠を超えたスーパースターの魅力とは……?

キング・カズが独自の流儀を貫いているのは、サッカーだけの話ではない。彼を語る上で、絶対に避けて通れないのが“ファッション”へのこだわりだ。「オシャレが僕のストレス解消法」と語るキング・カズは、どんなシチュエーションでも己のスタイルを決して崩さない。

外出するときは、基本スーツ。サングラスをかけ、ボルサリーノの帽子をかぶり、そして冬は長めのマフラーに手袋をコーディネート。そのスタイルは、キング・カズが憧れる映画『ゴッドファーザー』の世界そのものだ。

そのスタンスは、自分の子供に対しても変わらない。授業参観日、キング・カズは派手なスーツとサングラス姿で学校へ。息子に「サングラスだけは外して!」と怒られるも、キング・カズはブレない。子供がもんじゃ焼きを食べたいと言っても、「スーツが汚れるから」と拒否。それが、キング・カズの流儀なのだ。

また、一切の妥協を許さないキング・カズは、洋服もすべて自分で管理。妻・りさ子夫人には絶対に触らせないし、ハンガーにかけるのも、クリーニングに出すのも、すべて自分。洋服への愛情はハンパなく、都内に洋服専用のマンションを購入するほどだ。

そう、キング・カズの“突き抜け方”は、凡人には理解できないのだ。ネクタイは下の細いほうを長くしたり、パジャマにストールを巻いて寝ることもあるという。想像の範囲を超越しているのが、キング・カズなのだ。

(撮影/ヤナガワゴーッ!)

■週刊プレイボーイ11号「あんな大人になりたい! キング・カズの生き様に学べ!」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング