巨乳=×、豊乳=○。“電車内吊り広告” NGワード規制の実態

週プレNEWS / 2013年3月26日 17時0分

電車に乗れば必ず目に入る、車内の吊り広告。雑誌を発行する出版社にとっては、欠かすことができない宣伝媒体だ。だが、「公共の場」である電車内は、男性週刊誌の有力コンテンツのひとつである“エロ”に厳しい。

毎週、きわどい文言を掲示したい編集部と、それを修正する鉄道会社の広告代理店のせめぎあいが行なわれるなか、果たしてどんな文言がどんな理由でNGになり、どのように修正されて掲示されたのか? 以下に、その一端を紹介する。

***

×「20歳の巨乳アイドル大集合」



○「20歳の豊乳アイドル大集合」



NG理由:「巨乳」は女性の体に優劣をつけている表現なのでNG

×「世界初! 風俗童貞喪失 誌上ドキュメント」



○「世界初! 風俗チェリーズ喪失 誌上ドキュメント」



NG理由:公共の場ではふさわしくない表現

×「手コキ女王たちのカリスマ性技」



○「奇跡の風俗 これがフィンガー女王たちのカリスマ・テクニック」



NG理由:「手コキ」は表現がストレートすぎる。「性技」はワイセツな行為を連想させる

×「世界一の揺れるおっぱい」



○「世界レベルの揺れるおっぱい」



NG理由:世界一であることを証明できれば可

×「完全オナペット宣言座談会」



○「完全オカズ宣言座談会」



NG理由:表現が卑猥(ひわい)、乗客に対して羞恥心(しゅうちしん)を抱かせる可能性がある

×「『夏ものAV』マン載セレクション」



○「『夏ものAV』セレクション、マン載!」



NG理由:「AV」と「マン載」がつながることにより、性的部位を表しているようにとらえられる。ひらがな・漢字ならOKだが、カタカナ表記はNG。また、離すことでOK

×「デリヘル60分3500円~」



○「デリヘルもまさかの安値」



NG理由:風俗の場合、具体的な時間・料金などの表記はNG

×「『しこしこJAPAN』でヌイてヌイてシュ~ト!!」



○「『しこしこJAPAN』でイッてイッてゴ~ル!!」



NG理由:NGワードを使っている

×「生コーマンに突撃!!」



○「生“コーマン”に突撃!!」



NG理由:「コーマン」は人名(ロジャー・コーマン、映画監督)であることから「“”」をつけることにより許容

×「『ハシズム』がオンナを濡らしている」



○「『ハシズム』がオンナをジュンジュンさせている」



NG理由:「濡らす」は「オンナ」にかかる場合はNG

(取材・文/木場隆仁)

■週刊プレイボーイ14号「週刊プレイボーイ電車吊り広告“エロワード”『こんなふうに修正してきました』10年史」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング