外食産業で勃発中の“トンカツ戦争”を制するチェーンは?

週プレNEWS / 2013年4月3日 12時0分

熾烈な争いを繰り広げるトンカツチェーン5店を食べ比べ! 果たしていちばんおいしいのは?

「牛丼御三家」の争いなんてもう古い! にわかに盛り上がりつつある新興トンカツチェーンが、外食産業の図式を塗り替える勢いだという。

そんなトンカツチェーンを食べ比べるべく、B級グルメ評論家の柳生九兵衛(やぎゅう・きゅうべい)先生と合流し、主要なトンカツチェーンを一気食いした!

【かつや】




ロースカツ定食(とん汁付) 724円




●淡泊な味わいでもボリュームはたっぷり!




実際に店舗で注文してから出てくるまでの時間は7分ほど。それでもトンカツとしては驚くべき速さだ。2月22日から肉の量を110gから120gへ増量してボリューム満点。カツのロースは他店と比べると淡泊な味わいで、脂っぽいのが苦手な人は大歓迎のはず!

「とん汁もついているし、ロースカツの肉の厚さもたっぷりある。キャベツの量もバランスが取れている。これなら納得。カツの歯応えがよく、肉厚だから『肉を食ってる』って充足感がある。でも、豚肉にしては、味が淡泊。欲を言えばもうちょいジューシーな脂が欲しいな」(柳生)




【とんかつ浜勝】




ロースかつランチ 890円

●割安すぎるランチメニューの質に感動!




まず高級感あふれる店内に驚かされるが、料金のほうは良心的。特にランチは写真の「ロースかつランチ」と、ロースかつとチキンかつの「浜勝ランチ」(690円)がお得な人気メニュー。上質なロースかつは肉と衣のバランスも完璧で、割安に感じるほどレベルが高いぞ!

「ここはキャベツ係とかお味噌汁係がいて、キャベツ、味噌汁、ご飯、漬物がおかわり自由です。さらに、味噌汁が白味噌か赤味噌か選べるのもポイント高いな~。『かつや』ほどボリュームはありませんが、ランチならこれで十分でしょう。肉のレベルは1段階グレードが上がった感じです。脂がほどよく肉になじんでいて、しつこくない。『ウマイ豚肉ってこういうの』を実感できます」(柳生)

 

【和幸】




ランチ・ロースカツ膳 900円

●知名度ナンバーワンならではのクオリティ




今回の調査中、ロースカツは最も肉厚でボリューム感があった。しかも、素材そのものがいい豚肉を引き立たせるような、香ばしい衣のバランスは絶妙。ソースで食べてよし、大根おろしと醤油で食べてよしと、老舗チェーン「和幸」ならではのノウハウが生きている。

「ランチはボリュームがちょっと少ないですが、その代わりに大根おろしがたっぷりついてくる。こってりしたソースに飽きたら大根おろしと醤油でサッパリいただける。しかも質のいい豚肉のうまみが堪能できるし、衣も無駄にカリカリしていないから、口の中でボソボソしない。知名度が高い人気店だけのことはあります」(柳生)




【新宿さぼてん】




三元麦豚ロースカツご膳 1470円

●塩で食べたくなる本物の味わいがここに




「本当にうまいトンカツは塩で食べたくなる」と柳生先生も絶賛の三元麦豚は健美豚と並んで「新宿さぼてん」の定番。ジューシーでいて重たくない豚肉のうまみをたっぷり味わえる。ご飯、キャベツ、味噌汁はおかわり自由なのはもちろん、どれもワンランク上!

「この三元麦豚は小麦中心の飼料で育てて熟成させたさぼてんの定番の肉で、このロースカツなら、この値段でも安いといえるかもしれません。見てくださいよ、このジューシーな肉!『すり胡麻ソース』で食べるより、塩で食べたほうがいい。それぐらいレベルが高いカツですね」(柳生)

【チキン亭】




ロースかつ定食 490円

●ワンコインのトンカツ定食は満足度抜群




松屋フーズが展開する「チキン亭」のイチオシメニューの「ロースかつ定食」はワンコインでおつりがくる。他社の追随を許さない価格はさすが。ロースカツそのものは料金に見合ったレベルではあるものの、衣とのバランスや揚げ方で、誰が食べても納得の味!

「松屋フーズの店だけあって、店内はほぼ松屋と同じで、味噌汁も松屋と同じ味がします。『浜勝』『和幸』『さぼてん』のような高級感のある肉より、こっちのほうがなじみやすいんだな。う~ん、僕の舌はB級に慣れすぎているのか?」(柳生)

***




それぞれの持ち味を生かし、熾烈な戦いを繰り広げるトンカツチェーン。まだ食べてないお店があったら、ぜひとも自分の舌でチェックしてほしい。









(取材・文/週プレ「トンカツ定食」調査班 撮影/五十嵐和博)

●柳生九兵衛(やぎゅう・きゅうべい)




B級グルメ評論家。『TVチャンピオン』(テレビ東京)第4代、第5代B級グルメ王。現在、B級グルメ探究家、安うまグルメ探究家、グルメコメンテーターとして活躍中!

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング