魅惑のお取り寄せグルメを実食判定!【珍味編】

週プレNEWS / 2013年5月6日 6時0分

「今まで食べた馬のたてがみで一番おいしい!」と絶賛する料理研究家の森崎友紀さん

今回のお取り寄せグルメは、全国各地から厳選した珍味! 各地方の伝統的な製法や希少食材などの“珍重感”はハンパない! ゲスト審査員はまさか?の森崎友紀さんという取り合わせもレア! 異様なニオイに包まれるながら、意外な美味に感動体験……?

■キワモノが美味で“安パイ”が微妙?

森崎 見たことない珍味がたくさん……わっ、これ昆虫?

週プレ 昔から養蚕業の伝統も引き継がれる長野で、タンパク源として食用されてる「蚕のさなぎ」らしいっす。コレからいきます?

森崎 (思案顔で)「塩辛、干しちゃった」ってネーミングが面白い。これ、食べてもいいですか?

週プレ ゲテモノは後回しという戦略ですね! そちらは函館名産いかの塩辛をフリーズドライした人気商品です。

森崎 (もぐもぐ)想像よりもソフトな食感……これアリかも! ご飯やサラダにふりかけてもおいしそうですね。調味料としていろんな使い方ができそうです。

週プレ パッケージで遊んどいて中身はデキるヤツ!と。ではこの勢いで鯨の干し肉「くじらのたれ」もいっちゃいましょう! 千葉県沖で揚がるツチクジラですって。

森崎 私、鯨大好きなんですよ! でもこれ真っ黒ですね……(パクリ)フフッ、おいしいー!

週プレ マジっすか? 見た目は完全によく焼けた木炭ですよ!

森崎 ほんのちょっとだけ海の生臭さと獣臭がして“鯨っぽさ”はあるんですけど、うま味だけを残して……脂を抜いたサラミに近い! ねっとりと舌に残るサラミの脂肪分を除いた感じ。これ好きです!

週プレ 森崎さんの「好きです!」いただきましたー! では、「ソオスィソン・セック“フルール・ブランシュ”」いきますよ~。見てください! ソーセージの周りに白カビがびっしり! うっ! 男子校の靴箱のニオイが?

森崎 そうですか?(躊躇なくパクリ)うん、高級サラミですね。実は私、食べたことがあるんですけど、白カビはカマンベールチーズの表面に近くて、カットすればニオイは気になりませんよ。

週プレ (恐る恐る口に入れる)ん? あれ、う、うまいー! 確かにエントリー中では上位の高級品なだけあって贅沢な味です!

森崎 ですよね。脂がすごく甘くて深みがあるんです。次は和のものを試食してみてもいいですか?(「そぼろ納豆」を手にとる)へ~、納豆に切り干し大根を混ぜた水戸の伝統的なお総菜……。

週プレ これは間違いなさそう!

森崎 ………(遠くを見つめる)。

週プレ どうしました?

森崎 納豆も切り干し大根の味つけも悪くないのに、なんでふたつを合わせちゃったんだろ。切り干しのコリコリ感が納豆のネバネバを消し去っていて、両方の良さが生きてない気が。残念です。

週プレ (ひと口食べて)……で、伝統の味ですから! さぁ、お次は怪しげな「げんげの干物」。富山の名産でコラーゲンたっぷりという、まさに幻の深海魚っス!

森崎 見た目はちょっとグロテスクですけど(頭からガブッ)……おいしい! 魚自体にコクがあって、高級なししゃもみたい!

週プレ ホントだ! あ~、日本酒飲みてぇぇぇー!(絶叫)

森崎 この「漬物ステーキ」は、漬け物を焼くってこと……?

週プレ えーっと、説明書きによると「白菜と赤かぶらの漬け物を炒めて、しょう油ダレで食べる」そうです。ささ、炒めてきましたよ! 温かいうちにどーぞ!

森崎 しょっぱーい! 間違って、漬け物に醤油を大量にかけてしまったみたいな味!

週プレ そんなに? (むしゃむしゃ)ん?……けっこうイケますよ? 温まった野菜の歯応えと味の濃さがソースかけすぎの焼きそばの具みたいでハマる! このジャンク感、男子は好きですよ!

森崎 男子向けかもしれません。

■グロさが加速する後半。さなぎの味はいかに?

週プレ さぁ、ではいよいよ珍味中の珍味「ふぐの子ぬか漬」いってみましょうか! 猛毒があるという、ふぐの卵巣を数年もぬか漬けして毒を抜くというこの地方だけに伝わる独自製法だそうです。しかもなんと! 「ぬか漬けで毒が抜ける理由」は科学的にいまだナゾとか……。コエー! 大丈夫?

森崎 (パクッ)塩分がすごい! 数の子を味噌で3年くらい漬け込んだみたいな味と食感です。チーズのような発酵した香りがしますね。これ、ご飯にのせてだし茶漬けにするとおいしいかも。でも、なかなか減らなくてずっと冷蔵庫にありそうだなぁ(笑)。

週プレ レア感はハンパないです。いよいよ残すところ3品!

森崎 じゃあ、大好物の「馬のたてがみ」を! これは会津産なんですか……甘いトロ~ンとした感じがやみつきになるんですよね。(カプリッ)あ~、おいしい. ついてる味噌ダレが絶品! 豆板醤が効いててピリ辛で。今までわさび醤油でしか食べたことがなかったので、これはお取り寄せする価値アリですね!

週プレ あの力道山が訪れた際に教えた秘伝のタレですって。たてがみって見た目はラードみたいだし全然鬣(たてがみ)でもないけど、ずっと口のなかでトロけておいしい!

森崎 「梅水晶」も食べてみます。サメの軟骨と梅肉をあえたものですよね。(コリッ)うん、コリコリした食感が面白いです。これは女性向けですね。

週プレ 朝ご飯にピッタリの爽やかな味わいです! でもちょっとお値段高め……。はい、そしてついにラスト! 最後に残っちゃった「かいこのさなぎ」でーす! うわ、すっごいリアル! ヒーッ!!

森崎 でも、こういうのって実はおいしいってよく聞くんですよね。(覚悟を決めて)よし、いただきます!………なんだろ、タンスの奥みたいなカビ臭さが。

週プレ ヤバッ、鳥肌が!

森崎 (ニコッ)はい、あーん♥

週プレ (目をつぶってぽとり)ごふっ……何この食感! 古い畳の味? 古民家!? どっちも食べたことないけど!(涙目)

森崎 私だったら、パリッパリに揚げてから甘辛いあんを絡めるな。

週プレ (水をガブ飲みして)さぁ、森崎さんのイチオシは?

森崎 やっぱり「馬のたてがみ」かな。ギャップでいえば、げんげを私もお取り寄せしたいです!

週プレ 試す価値ありですね!

(取材・文/渡邉裕美 short cut[榛村季溶子、山本絵理、甲斐真理愛] 撮影/佐賀章広)

●森崎友紀(もりさき・ゆき)




1979年12月29日生まれ、大阪府出身。料理研究家。管理栄養士。これまでにレシピ本を多数出版。5月15日にBlu-ray 3D&DVD『森崎友紀 Precious』(ポニーキャニオン)を発売する

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング