アップアップガールズ(仮)・仙石みなみが“ツインテールの魔法”でキュートに変身!

週プレNEWS / 2013年5月15日 18時0分

“少女性の象徴”ツインテール姿で新しい魅力を見せたアプガの仙石みなみちゃん

アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」の仙石みなみが、現在発売中の週刊プレイボーイでキュートな水着姿を披露している。アップアップガールズ(仮)といえば、熱心なアイドルファンには広く知られた存在。2011年4月に「アップフロントガールズ(仮)」として活動を開始し、昨年はインディーズながら毎月新曲を発表したり、年間150本ものライブを行なうなど、大きな話題を呼んだ。今回の撮影に立ち会った、アイドルライターの篠本634氏が解説する。

「アッ プアップガールズ(仮)は、ライブの途中でメンバーが何度も体力の限界に達するほどのパワフルな歌とダンスがウリ。いま、最も注目されるアイドルグループのひとつです。もともとはハロプロエッグ(ハロプロの研修生)の卒業生なんですが、ハロプロの正メンバーになれず、辛酸を舐めた7人が結成した“アイドル界最強の雑草集団”なんです」

仙石みなみは、その“アプガ”の最年長(22歳)にしてリーダー的存在。結成時からグループの精神的支柱として活動してきた。そんな彼女だけに、さぞやカッコいいグラビアが……と思いきや、むしろかわいさ満点! 特にすべてのカットで見せる、さまざまなバリエーションの愛らしいツインテールが目を引く。

「今回のグラビアは、“日本ツインテール協会”というツインテール・ヘアをこよなく愛し、その魅力を世に発信し続けている団体とのコラボなんです。ツインテールというのは“少女性の象徴”と言われるくらい、女のコのかわいらしさを際立たせるヘアスタイル。かわいいというより、むしろカッコいいイメージの彼女だからこそ、あえてツインテールにすることで、普段とは違った一面を引き出そうとしたんですね」(篠本氏)

本人いわく、ツインテールはほぼ幼稚園以来だとか。最初は不思議そうな表情を浮かべていた彼女も、自らの髪で次々と形作られるツインテールのパターンを見て、次第に楽しんでいたという。篠本氏が語る。

「アプガの活動を見ればわかるんですが、彼女はとにかくまっすぐなキャラ。まったく邪気がないんです。それだけにツインテールが実に似合っていました……いや、正直、こんなに似合うとは(笑)。彼女のピュアな愛らしさを、あらためて発見しましたね。今回のコラボは大成功だったと思います!」

“雑草集団”のリーダーが見せた、可憐な姿。本人も望むとおり、今回の撮影で多くの新しいアプガファン、そして仙石ファンを獲得するはずだ。

(取材・文/週プレNEWS編集部 撮影/古谷 完[日本ツインテール協会会長])




■仙石みなみ(SENGOKU MINAMI)

○1991年4月30日生まれ 宮城県出身




アイドル戦国時代を無頼に爆走するアップアップガールズ(仮)の最年長。最新シングル『Next Stage/あの坂の上まで、』発売中。8月31日 (土)横浜BLITZを皮切りに1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦。公式ブログ【http://ameblo.jp/upfront- girls/】テレ朝動画『上々少女’s』スカパー!HD 663ch PigooHD 『アップアップガールズ(仮)』をチェック!

★せんごくちゃんの撮影蔵出しカット&メイキングムービーを★




「週プレモバイル」で配信中!!★









●「週プレモバイル」 ガラケー、Android、iOSに完全対応中!!




【http://s-wpb.shueisha.co.jp/

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング