次代を担う注目美女アナが勢ぞろい! “ゴーちゃん。GIRL’S” 宇佐美佑果「海外生活のほうが長くて、ついオーバーリアクションに!」

週プレNEWS / 2013年6月6日 12時0分

海外生活15年の宇佐美佑果アナ。好きな男性のタイプは「フットワークが軽くて、懐の深い人」

テレビ朝日開局55周年応援ユニット“ゴーちゃん。GIRL’S”の3人目、宇佐美佑果アナの経歴をざっと振り返ってみよう。日本で生まれて、1歳半から5歳までアメリカで過ごし、その後は6歳半までイギリス、次に9歳半までドイツで生活し、再び日本へ。そして12歳から15歳まで南米チリで過ごし、19歳まで日本の学校に通った後、アメリカの大学に編入しているのだ。

「いろいろな国に行きましたが、割とすぐになじめたと思います。チリにいたときは、気がついたら『ヘーイ』というようなラテンのノリになっていましたし。その後、日本の高校に入学したんですが、明らかにテンションが違って、私だけラテンの風を吹かせていました(笑)」

通算すると、日本より海外生活のほうが長いというが、ここで気になるのが好きな男性のタイプ。日本人と外国人、どっちがいいの?

「日本人はシャイなところがかわいいですし、外国人はすごくジェントルマン。それぞれの良さがあって、どちらにも惹かれます。性格的にはフットワークが軽くて、懐の深い人がいいですね」

感情が高まると、ついつい英語が出てしまうという彼女。外国人ばりのオーバーリアクションに注目してもらいたい!

(撮影/佐藤佑一 取材・文/高篠友一)

●宇佐美佑果(うさみ・ゆか)




東京都出身。アメリカやチリなど15年間海外で過ごす。身長158cm。ルイス&クラーク大学国際関係学部卒業。2012年入社。特技は歌とダンス。現在の主な担当番組は『ポータル ANNニュース&スポーツ』『GO!オスカル!X(エックス)21』など

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング