6秒噛むだけで完璧なハミガキができる? スゴすぎる「次世代歯ブラシ」の世界

週プレNEWS / 2013年10月23日 12時0分

ドイツの歯ブラシ専門店Megadent銀座店店長・酒向淳氏イチオシの次世代歯ブラシとは?

口が臭いのでは? 最近、虫歯が増えて……。いろいろと絶えないお口の悩み。その原因はあなたの使っている“歯ブラシ”にあった? 世界の中で遅れているという日本の歯ブラシ事情に警鐘を鳴らすべく、その最新事情をピックアップ!

***

東京五輪開催決定で「世界の日本」を証明できた昨今。しかし、世界のほかの先進国より明らかに遅れている点があるという……。それは“デンタルIQ”……歯に関する理解度である。読者の中にも、口臭や虫歯などお口の悩みをお抱えの方も多いのでなかろうか?

その現状を嘆くのは、ドイツに本店を構える歯ブラシ専門店Megadent銀座店店長で歯ブラシマニアの酒向淳(さこう・じゅん)氏。

酒向「例えばスウェーデンでは『80歳で25本の歯』が国民的基準なのですが、先進国の中でデンタルIQが最下位の日本人は80歳で10本残ればいいほう。さらに最近では20代、30代の歯周病患者も増えていますよね。菌が血管を通って全身に運ばれ心臓病を引き起こすこともある恐ろしい病気なのですが……。私からすると、普及している歯ブラシのレベルの低さが、世界から取り残されている致命的な要因です。毎日それで歯を磨かなければならないんですから」

では、歯科に行けばいい歯ブラシが買えるのか?

酒向「歯科医は歯や口内の病気についての専門家であって、歯ブラシの専門家ではありません。彼らは毎日完璧なブラッシングができるという前提で歯ブラシを薦めてきますが、一般の生活者でそのような技術と時間を持ち合わせている方はほぼいません。つまり現実的には、忙しい日本人が手に入れるべきは、短時間で効率よく磨ける歯ブラシなのです!」

ふむ……では、そんなマニアのオススメとはいったい?

酒向「最近日本に入ってきて注目しているのは、銀イオンで口内中を除菌できる『Silver Care』。歯ブラシに銀が仕込まれており、濡らすことで発生した銀イオンがブラシの当たらない部分もきれいにしてくれるんですよ」

それはハミガキが雑になりがちな男子には心強い! が、やはりちゃんと擦(こす)らないと磨いた気がしない人も多いはず。

酒向「数々の先進国で高い評価を受けているにもかかわらず日本では知られていないのが、歯の3面(表面・上面・裏面)を同時に磨ける『Dr.Barman’s SUPER BRUSH』。ヘッド部分のブラシが3方向から生えています。3本の歯ブラシを口に突っ込んでいるようなものなので、短時間でもしっかりと磨けますよ」

まるで洗車機のよう……。形状的に慣れるまで違和感はあるだろうが。では、これ一本で歯の汚れは落としきれるのだろうか。

酒向「ハミガキを一本の歯ブラシで終わらせようとするのも日本人の悪い習慣。部屋で掃除機をかけるとき、最後に先端のパーツを細長い筒につけ替えて細かい場所を掃除しますよね? それと同じで歯と歯、歯と歯茎の溝などを磨くときに使うべき、仕上げ用の小さな歯ブラシが『Jordan Clinic Interbrush』。2本使うのは面倒だと思うかもしれませんが、歯を磨ききった達成感はやみつきになりますよ」

ここまでやれば家でのハミガキは攻略。ということで、ラストはより時間のない外出中に使える歯ブラシを。

酒向「口に含み、噛むだけでハミガキができる『ROLLY BRUSH』は、ガムやマウスウォッシュよりも効果があるとニューヨーク大学の論文で証明済みです。小さいのでポケットに忍ばせておくといいのでは」

使い捨てで1個100円と安くはないが、大事な商談の前にぜひ!!

■人類の叡智が集結! 世界の最先端歯ブラシ

お次は、世界から日本を近々襲来予定の歯ブラシ事情を調査。すると、話題のテクノロジー“3D印刷”を使った歯ブラシ「Bizzident」を発見! 歯科医でもらった歯型データ、もしくはレントゲンデータを専用ウェブサイトにアップすると、自分の口にピタリとフィットする入れ歯にブラシを植えつけられた歯ブラシが送られてくるという。なんと、これを6秒間噛むだけで完璧なハミガキができるとのことだが?

酒向「人の口の形は千差万別なのでオーダーメイドという発想は素晴らしいです。ただ、現在の3Dプリンターは1種類のインクしか使えないので、入れ歯部分とブラシ部分が同じ素材になっていると考えられます。ブラシがゴワゴワか、入れ歯がグニャグニャかというように、まだ完成度はそこまで高くないと思われます」

しかし近い将来、自宅で歯ブラシをプリントする時代が来るかも?

酒向「ほかにもアイデアが斬新なのは『Rinser Toothbrush』。歯ブラシの穴に水道の水を入れると給水機のように水が噴き出してくるので、コップなしでうがいができます。また、スマホと連携し日々のハミガキのデータ(時間や回数など)を記録できる『Beam Brush』にも可能性を感じています。食事を記録するだけのダイエットがあるように、記録するだけでハミガキの質も上がるでしょう。データをかかりつけの歯科医と共有すれば、サボったことを隠すことができなくなるのでしょうね(笑)」

歯ブラシは日々進化している! 取り残されるな、日本男児!

(取材・文/黄孟志)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング