「性欲の減退」を感じる若い男性が増えている

週プレNEWS / 2013年10月30日 10時0分

世の中には「現役バリバリ」というおじいちゃんもいらっしゃるが、一般的に“性欲”は加齢とともに減退していくもの。だが最近は、性欲の低下を訴える若い男性が増えているという。

不妊症やセックスレス事情に詳しいオールアバウトガイドの池上文尋氏に聞いてみた。

「今年9月にED(勃起不全)の専門医が20代から30代の男女671人を対象に行なった性生活調査によると、男女全体の46.3%がセックスレスだと認識。その最も多かったキッカケが『性欲がなくなった』(33.8%)」

20~30代という元気な世代の約半数がセックスレス。しかも、そのうちの3人に1人が「性欲がなくなった」と答えているのだ。

もちろんこの中には、未婚だったり恋人がいない人も含まれている。では、有配偶者の場合はどうか? 池上氏が続ける。

「一般社団法人日本家族計画協会による男女の生活に関する調査では、16~49歳の男女で有配偶者のセックスレス割合は2004年の31.9%から着実に増加。2012年には41.3%に達し、8年間で約1割増加しています。また、最近は10代から30代の若い男性の間でEDも増えてきました」

つまり、相手がいても40%以上がセックスレス。「草食系男子」という言葉が流行ったように、日本の男性の性欲が、年々低下しているのは間違いないといえる。

なかには、性欲がなくても勃起も射精もできるから、いざとなったら大丈夫――。そんな風に思っている男性もいるだろう。池上氏は言う。

「性欲の低下には、テストステロンというホルモンの低下が影響しています。これは人間の性欲に最も密接に関係している分泌物で、ED患者もこの数値が低いといわれています。つまり、性欲減退を放っておくとEDになる可能性が十分にあるのです」

心が伴わないと、いずれカラダもついていけなく可能性がある。では、どうしたらいいのか?

「最近の研究でわかったことですが、EDの原因は血管内皮障害による動脈硬化といわれており、血管の状態を改善する、つまり血行を良くすることでEDは防げます。血行を良くするビタミンEやD、ミネラルの摂取をはじめ、規則正しい睡眠はもちろん、程よい運動や冷え対策をしたり、喫煙や飲酒を控えることなどです」(池上氏)

性欲は、いろいろな欲につながっている。たとえば、気になる女性を振り向かせようという気持ちは、自分磨きや仕事を頑張ろうという活力につながる。単なる射精欲ではなく、性欲は“生きる気力”ともいえるのだ。強すぎるのも問題だが、性欲が無いほうが男にとっては大問題だ。

(取材/河合桃子)

■週刊プレイボーイ45号「ボッキしなくてもいいから『性欲』だけは返してください!」より

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング