議員しか食べられない? 吉野家の“国会限定”高級牛重を食す方法

週プレNEWS / 2013年10月30日 6時0分

国会議事堂の敷地内にオープンした店舗でしか食べられない牛重(1200円)

10月11日、国会議事堂の敷地内にオープンした牛丼チェーン大手・吉野家の永田町一丁目店。

ここでは牛丼(並・280円)やカレー(並・330円)などの通常メニューのほか、店舗限定の特別メニュー「牛重」を取り扱っている。値段は吉野家としては破格の1200円。いったい、どんなメニューなのか?

吉野家の広報担当が説明する。

「使用するのはA3ランク以上の上質な国産和牛の肩ロース。これを通常の牛丼とは別種の醤油ベースのタレで煮込み、長ねぎを添えて重箱に盛りつけます。味はすき焼き風味に仕上げました」

そして、この牛重が大人気に。

「肉の調達の関係で牛重は一日200食限定ですが、オープンから1週間ほどは午前9時半の開店で昼過ぎに完売する状態が続いていました」(吉野家・広報担当)

吉野家ファンならずとも、一度は食べてみたい一品。だが、この店が国会内にあることを忘れてはならない。ある国会職員が語る。

「国会に入れるのは衆参両院の事務局が発行する通行証を持つ人(国会議員、秘書、国会職員、記者、納入業者ら)に限られるので、残念ながら一般の方が食事目的で行くのは不可能です」

だが、国会は申請すれば誰でも見学できる。その途中で吉野家に立ち寄ることはできないのか?

「吉野家があるエリアは観覧コースから外れているので無理ですね。単独行動でコースから抜け出そうとしても衛視に止められます。警備は厳重です」(国会職員)

そのため、牛丼ファンからは「一般の人が食べられないのはおかしい!」と不満の声が上がっているわけだが、なんと今回、週プレは、国会の吉野家で牛重を食べたという30代の一般男性を発見。話を聞くことができた。

「本来は禁止されているのですが、ある国会議員のツテで通行証を借り、某日午前11時頃、国会内の吉野家を訪れました。店はカウンターのみの14席。すでに10席が埋まっていましたね」




男性は早速、牛重を注文。

「厨房の店員さんが、贅沢に切り分けられた生肉の肩ロースをフライパンの上に置くと『ジュ~』といううまそうな音が店内に響き、その次に秘伝の甘ダレ醤油がたっぷりと注がれ、『ジュワ~』と香り豊かな湯気が厨房に立ち上がりました」(男性)

牛重が供されるまで約2分。

「ひと口頬張ると、まず、その肉の柔らかさにビックリ。口いっぱいに広がるタレの濃厚な甘みは白飯とも抜群の相性。簡単に言えば、上質なすき焼き丼という感じでしょうか。1200円の価値は十分にあると思いましたね」(男性)

そんなにうまいなら、ぜひ通常店舗でも販売してほしいが……。

「牛重は国会への出店が決まった後、『ここだけでしか食べられないものを』と国会側の要望に沿って特別にメニュー開発したものです。通常の店舗で扱う予定はありません」(吉野家・広報担当)

期間限定でも可能性はない?

「現在は一日200食分の肉を調達するのが限界。期間限定でも、無理に全店で扱おうとすると市場価格がはね上がる恐れもある。それは吉野家のやり方ではありません」(吉野家・広報担当)

となると、やはり、国会議員にツテのない大半の一般人は牛重を食べられない?

ある国会関係者はこうささやく。

「国会は本会議を傍聴することもできるのですが、それならば休憩中に吉野家がある食堂エリアに行くことができます。ただし、9・11のテロ以降、セキュリティが厳重になっているので衛視に止められるケースもあるようです」

う~ん、できれば、そんなリスクは背負いたくない。なんとか通常店舗でも販売してくれないものか……。

(取材・文/興山英雄)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング