【女子アナたちの2013】栄誉ある(?)「NGハプニング大賞」発表!

週プレNEWS / 2013年12月31日 12時0分

中学・高校・大学とバレーボールを続けてきた水卜アナは、夏イベントでその腕前を披露。むっちむちのカラダとコミカルな動きで会場から笑いが起きるシーンも

今年、最もカラダを張ったのは誰なのか。「女子アナNGハプニング大賞2013」の発表! 独断と偏見で選考した結果、受賞したのは次の3人の女子アナ。

まずはカトパンこと加藤綾子アナ(フジテレビ)。担当番組『ホンマでっか!?TV』で「勝負下着をはくことがある」「キスするときはアゴを引きます」といったギリギリ発言をしたほか、夏イベントで実演した「アナウンサー体操」では妖艶に腰をグラインド。男性ファンを大いに魅了したのである。

ふたり目は4月から『モヤモヤさまぁ~ず2』を担当している狩野恵里アナ(テレビ東京)。ハワイロケでTシャツ店の女性スタッフに胸をもまれたり、その胸を上下に揺らしながらロバと競走したりと、女子アナとは思えない奮闘ぶりだったのだ。そのかいあって、人気と知名度が急上昇中。来年はテレ東の看板アナになっているかも?

そして最後は、先日オリコンが発表した「好きな女子アナランキング」で1位に輝いた日本テレビの水卜麻美アナ。担当番組『ヒルナンデス!』の健康的なグルメリポートが人気の理由だが、放送事故的に色気たっぷりの姿を見せてくれることも。

例えば、家電紹介コーナーでのこと。耐久性を実証するため、ポッチャリ体形のミトちゃんが掃除機の上にまたがったのだが、照れた表情もあいまって「エッチをしているみたいでエロすぎる」と話題になったのだ。

主婦向け番組を担当しながら男性人気を獲得できたのは、隙だらけのハプニングシーンを連発したから?

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング