『スケバン刑事III』でブレイクしたアイドル四天王! 浅香唯「ヨーヨーのシーンで一日終わったことも」

週プレNEWS / 2014年1月2日 6時0分

現在のアイドルについて「私たちの頃とはアイドルの形が違うんだなあと思うことはある」と浅香唯さん

1980年代、中山美穂、工藤静香、南野陽子と共に「アイドル四天王」と称されたのが浅香唯だ。

85年に『夏少女』で歌手デビュー。そして86年『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』で大ブレイクし、同ドラマの主題歌『STAR』で『ザ・ベストテン』に初出場を果たす。以降、『C-Girl』『セシル』と大ヒットを連発。ドラマに歌に、テレビでその姿を見ない日がないほど浅香唯の人気は絶大だった。

彼女が、当時を振り返って思うこととは?

***

―1985年に『夏少女』でデビューし、翌年のドラマ『スケバン刑事(デカ)III 少女忍法帖伝奇』で主役に大抜擢。

 とにかく撮影は大変でした。アクションはなるべく吹き替えを使わず自分たちでしようということだったので全身の生キズが絶えず……。撮影自体は朝5時頃からスタートして、終わるのはいつも夜中の12時過ぎ。それが1週間続くんです。

―ひょえ~! たった30分の番組なのに?

 はい(笑)。ヨーヨーを敵に当てるワンシーンだけで一日終わったこともあります。

―しんどくなかった?

 もう、しんどい以外の何物でもなかったです(笑)。

―そんな奮闘のかいもあって、最高視聴率は21・3%という超人気ドラマに。

 正直な話、視聴率のことなんて一度も気にしたことがなかったです。それよりも、撮影現場で喜んでくれる子供たちとの出会いとか、番組を楽しみにしてくださっている方々の声とかのほうが圧倒的にうれしかったので。

―いろいろとぶっ飛んだ設定のドラマだったよね。

 私は「九州にこの人あり」といわれた大スケバンで、ヨーヨーでは小型飛行機を落とすこともできるという(笑)。

―ハハハハ。歌手としては、88年に『C-Girl』『セシル』と大ヒットを連発し、人気も急上昇! 中山美穂、工藤静香、南野陽子とともに「アイドル四天王」と呼ばれる存在に。

 ただ、それは周りが勝手に言っていただけで、自分たちはなんとも思ってなかったですよ。あるとき、『夜のヒットスタジオ』で4人が初めてそろったときも、「歴史的快挙!」のように言われたんですが、私たちは4人で顔を見合わせてましたから(笑)。




―へえ~。一番忙しいときってどんな感じだった?

 歌番組を4つ、5つかけ持ちして、空いてる時間は全部取材とか。でも、少しずつ時間が後ろにずれていくので、食事をする時間がないこともしょっちゅうでした。

取材では同じことを何回も聞かれるので、そのときどきで話す内容を少し変えたり、ちょっとだけリップサービスでつけ加えたことが逆に大きく取り上げられたり(笑)。それでそっちに合わせてしゃべっていくうちに、だんだん自分でもどれが本当だったかわからなくなってくる(笑)。

―ご苦労さまでした(笑)。さて、今年でデビュー28年になりますが、今までで一番うれしかったことは?

 当時、宮崎県で放送される番組ってすごく少なかったんですけど、そんななかで私がよく見ていた番組が『ザ・ベストテン』だったんです。その『ザ・ベストテン』のミラーの後ろに初めて立つことができて、本物の黒柳(徹子)さんに会えたときは本当にうれしかったなあ。

―ふむふむ。さて、80年代アイドルのド真ん中にいた唯さんが、現在のアイドルを見て思うことはありますか。

 私たちの頃とはアイドルの形が違うんだなあと思うことはあります。例えば、プライベートの話も私たちの時代はとにかく隠しました。だから「パジャマを着て寝ます」ということを話すだけでも、おお~!みたいな感じだったんですよ。今じゃ絶対にあり得ないじゃないですか。

―でも、夢を売るのが商売だから、それくらいでちょうどよかったのかも。

 私がアイドルをやっていてよかったことは、夢とか希望とか元気とかを感じてくれた人たちがいたことです。逆に言うと、アイドルとしてやってこれたのも、そういう方々がいたから。皆さんからもらった声援を自分のエネルギーにして、それをまた皆さんにお返しすることができた……それが私のアイドルとしての一番の誇りですね。

(取材・文/浜野清史 撮影/本田雄士 スタイリング/坂下志穂 ヘア&メイク/押田秀明[+nine])

●浅香唯(あさか・ゆい)




少女マンガのヒロイン募集オーディションで浅香唯賞を受賞したのがきっかけで芸能界入り。86年、『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』で大ブレイク! 「アイドル四天王」と呼ばれたうちのひとり

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング