“尻職人”倉持由香ちゃん「お手洗いの便器をバキッって割ったことあります(笑)」

週プレNEWS / 2014年1月14日 6時0分

尻職人として、毎日画像をアップしている由香ちゃん。ネーミングセンスも抜群のおもしろさです

今、グラビア界最高峰の“美巨尻”の持ち主と呼ばれているのが倉持由香ちゃん(22歳)だ。

その大きさ、なんと100cm! しかも大きいだけなく、カタチもすばらしい! 昨年は、一流グラドルの証(あかし)ともいえるアマゾンのDVDランキングで1位を獲得。さらに、日テレジェニック候補生のとき、テレビ番組でカメラに向かって「私のお尻に入れてください!」とお願いして大きな話題を呼んだ。

本人いわく、「あれは『私のお尻にぐっときたら票を入れてください!』という意味だったんですけど、テンパってしまって」とのことだが、そんなこんなで今、「お尻」といえば由香ちゃんなのである。

そんな彼女の人気をジワジワと伸ばしていったのがツイッターだ。自画撮りした「お尻ショット」を掲載したところ、フォローワーがどんどん増えていった。

「今から1年半くらい前に、あるカメラマンの方から『あなたはお尻がいいんだからお尻を売りにしなさい』って。私は自分の大きいお尻がコンプレックスだったんですが、とりあえずその言葉を信じてツイッターにお尻の画像を載せてみたところ、ものすごい反響があってビックリ!

お尻をツイッターに載せ始めたら3000くらいだったフォロワーが一気に6000までいって、日テレジェニックの候補生になってテレビでもお尻を出し続けていたら、1万人を突破。今は2万7000人を超えました」

なんと9倍増! 今も自らを“尻職人”と呼び、さまざまなコスチュームと角度で画像のアップを続けている。

「毎日、自画撮りしたお尻をツイッターに載せ続けていたら、ふと、『なんだか私、職人みたい』って思ったんです(笑)。それで『情熱大陸』のイメージで、朝5時にお尻画像と一緒に『尻職人の朝は早い』ってつぶやいたら、それがすごく広まりまして。以来、皆さまにお尻画像を届ける尻職人として活動を始めました(笑)」

ほかにも、「クラモチ 春の尻祭り」とか「進撃の巨尻」といったテーマをつけて、読者を飽きさせないようにしている。

そんなサービス精神たっぷりの由香ちゃん、巨尻ならではのエピソードがあるようで。

「自宅のお手洗いの便器を割りました(笑)。座ったらバキッて割れちゃったんですよ。自分が一番ビックリしました(笑)」

2014年は、この破壊力あるお尻に注目だ!

(取材/浜野きよぞう、撮影/本田雄士)

■週刊プレイボーイ3・4合併号「倉持由香インタビュー『私の進撃の巨尻をお楽しみください♪」より

倉持由香オフィシャルブログ【http://ameblo.jp/yuka-kuramoti】




倉持由香オフィシャルツイッター【https://twitter.com/yukakuramoti】

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング