AKB48が5番目となる“チーム8”設立! コンセプトは「会いに行くアイドル」

週プレNEWS / 2014年1月23日 21時0分

AKB48に一般公募の新チームが誕生。「一緒に笑顔を届ける活動をしましょう」と呼びかける、総監督の高橋みなみ

TOKYO DOME CITY HALL(東京)で1月23日より始まった『AKB48リクエストアワー セットリストベスト200 2014』(~26日)において、AKB48・チーム8の設立が発表された。

チーム8は、チームA、チームK、チームB、チーム4に続く5番目のチームで、コンセプトは「会いに行くアイドル」。これまでAKB48は「会いに行けるアイドル」として活動をしていたが、人気が上がるにつれて、秋葉原のAKB48劇場で気軽に見ることができなくなっていた。そこで今回誕生するチーム8は、メンバーが全国へ会いに行く。そのサポートをするために、トヨタ自動車が全面協力。グループ全体でなく、個々のチームを企業がサポートするというのは、これが初めての取り組みだ。

チーム8メンバーのオーディションは1月24日より応募開始。オフィシャルメディアパートナーとして、全国47都道府県のテレビ局が全面協力。各県で1人、計47人の代表を選出し、3月下旬にはチーム8の正式メンバーが決定する。そして、8月に劇場公演デビュー、11月には全国のファンに会いに行くツアーが予定されている。

この日のコンサート前に会見で、チームAキャプテンの横山由依は「まだ出身メンバーがいない県のコに会えるのが楽しみ」と話し、チームKキャプテンの大島優子は「全国から精鋭が集まる」と期待する。チームBキャプテンの梅田彩佳は「会いに行くアイドル」というコンセプトについて、「これからの48グループがどうなっていくか楽しみ」と語った。

最後にAKBグループ総監督の高橋みなみが「AKBグループにとって若い力というのはとても必要な人材です。ぜひ一歩を踏み出していただいて、チャンスをつかみに来て欲しいなって思います。ぜひ私たちと一緒に笑顔を届ける活動をしていきましょう!」と熱く呼びかけた。

AKB48がデビューして9年目となる2014年。まったく新しい考え方のもとに誕生するチーム8が、48グループに新しい風を吹き込んでくれるに違いない。

(取材・文・撮影/関根弘康)

会見出席メンバー:入山杏奈、川栄李奈、高橋みなみ、横山由依、渡辺麻友、大島優子、松井珠理奈、梅田彩佳、柏木由紀、小嶋陽菜、島崎遥香、渡辺美優紀、岡田奈々、小嶋真子、西野未姫、峯岸みなみ(計16名)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング