【東京都知事選】新聞・テレビが伝えない12人の立候補者に迫る「ドクター・中松」

週プレNEWS / 2014年2月3日 11時0分

都知事選7回目となる国際創造学者のドクター・中松氏。全候補者中最年長だが、今回も意気軒昂だ。

「趣味だ、遊びだ、売名行為だと妙な揶揄(やゆ)をされますが、これはまったくの誤解です。私は日本とアメリカとの和平交渉にあたった藤村義朗海軍中佐の遺言に従って立候補しているんです。藤村中佐は亡くなる直前に私を枕元に呼び、『日本のリーダーとなってこの日本をぜひ再興してほしい』と遺言されたんです」

そんなドクター・中松氏は「都民税を下げて、消費増税から都民を守る」と訴える。もちろん、発明家としての発想も健在だ。

「今の原発技術は19世紀の技術。私は21世紀の新しいエナジーストアの発明を東京都に活用します。問題となる渋滞も、科学、発明を駆使して解決したい」

そして「政治とカネの問題」については、こんな持論を展開した。

「前知事のダーティマネー、他候補のダーティマネー。そういう人が知事になってはいけません。私はお金にキレイ。なぜキレイかというと、直参旗本(じきさんはたもと)の家系で400年間江戸城におり、小さいときからまったくお金に触ってはいけないと教育を受けたから。そのような人が知事になるべきなんです」

殿vs直参旗本にも要注目だ。

(取材/畠山理仁)

■ドクター・中松(85歳、無所属)




本名:中松義郎。国際創造学者。都知事選は1991年、99年、2003年、07年、11年、12年に続き7回目で、前回は5位(12万9406票)。

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング