【東京都知事選】新聞・テレビが伝えない12人の立候補者に迫る「酒向英一」「松山親憲」「金子博」

週プレNEWS / 2014年2月3日 11時0分

告示された立候補者たちを見て、地方からやってきた男たちがいる。

愛知県からクルマを飛ばして来たのは、元愛知県瀬戸市職員の酒向英一氏だ。

「ほかの立候補者を見ていて怒りを感じた。原発、五輪、とにかくすべてに対してだ!」

そして、前代未聞の発言が。

「公約は当選してから発表する!」

え!? なぜ!?

「どうせ当選しないんだから! 東京は全国の注目が集まる。とにかく怒りを表したい!」

ご家族は出馬に賛成ですか?

「立候補の相談はしてません! 家族は関係ないから電話はしないでほしい! 供託金は遺産が転がり込んだから、300万円ぐらい捨ててもいいと思った。とにかく、すべてに怒っているんだ!」

そして、告示の当日になって初めて出会ったのが金子博氏と松山親憲氏。松山氏はなんと鹿児島からの参戦だ。

「立候補ができるのか、受付に間に合うか、それが最大のアレで。余裕がありませんですみません」

本当にギリギリだったため立候補手続きで忙しく、残念ながらじっくり政策を聞くことはできなかった。政見放送と公報を待ちたい。

一方、福島県から参戦の金子氏はゆったり構える。

「今までは人の社会のためと思って商売をやってきたけれども、全部やめて考えてみると、皆さんのおかげで今日があるんだな。この都庁だって私のために建ててあるんだもん。そのお返しの人生をやろうと思って選挙に出ました」

もちろん、彼らの訴えを“安全地帯”から笑い飛ばすのは簡単だ。しかし、重大な事実を指摘しておきたい。

彼らと違って、あなたはまだ立候補すらしていない。立候補しなければ、たった1票の支持も得られることはないのだ。

(取材/畠山理仁)

■酒向英一(64歳、無所属)




元愛知県瀬戸市職員。300 万円の供託金の原資は遺産で、捨てる覚悟だという。都知事選への立候補は今回が初。

■松山親憲(72歳、無所属)




会社員。鹿児島県指宿市からすべり込みで参戦。過去に指宿市議選への立候補経験があるが、都知事選は今回が初。

■金子 博(84歳、無所属)




元建設会社社長。「皆さんのおかげで今日がある」と、福島県白河市からの参戦。都知事選への立候補は今回が初。

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング