人気回転寿司・スシローの裏メニュー“ジャンクうどん”って知ってる?

週プレNEWS / 2014年4月25日 6時0分

肉うどんとフライドポテトを合体させた「ジャンクうどん」(通称)。今、スシローでは、一部の客の間で流行りつつあるという

最近人気の、大手回転寿司チェーン店のサイドメニュー。専門店に負けない本格的なメニューも登場しており、こうしたサイドメニュー目当てで来店する人も多いという。

はたしてその味は? 業界売り上げ上位5チェーンで実食してみた。

まずは業界売り上げ3位の無添くら寿司。ラーメンや丼モノ、コーヒーなど、常識破りのサイドメニューをいち早く投入してきたパイオニアだ。回転寿司評論家の米川伸生さんが同店の特徴を解説する。

「最近、話題となった『イベリコ豚丼』はタレも穴子などの寿司用のツメを使っているので、寿司との親和性も高い。『7種の魚介醤油らーめん』も、魚介の風味が生きているので寿司に合う。どの商品も寿司店というコンセプトを生かしていますね」

イベリコ豚丼は白飯の上に刻んだネギが敷かれ、その上にツメを絡ませたイベリコ豚と半熟卵がドン。半熟卵を突き崩し、肉とともにかっ込むと、イベリコ豚のうまみ&濃厚な味に大満足!

そして、「7種の魚介醤油らーめん」。その名のとおり、魚介と鶏がらのだしをふんだんに使ったスープに魚粉が浮かび芳醇(ほうじゅん)MAX! 平打ち麺がスープに絡み、本格的かつ寿司店らしい味だ。

お次は業界1位のスシロー。4月1日にスシロー初となるラーメン「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」を投入したばかりだ。

「スシローはスイーツが充実していて、ファミレスと比較しても安価ですし、スイーツだけを食べに行くのもアリ」(米川氏)

出汁入り鶏がら醤油ラーメンは、鶏がらも魚介も利いた立体感のある味わい! また、自慢のスイーツ、特に「抹茶わらびもちパフェ」は、あっさりとした抹茶アイスの味わいとパンナコッタが絶妙にマッチ。わらび餅のプルプル食感も楽しく、スプーンも進む!

そんなスシローには、知る人ぞ知る意外な裏(?)人気サイドメニューがあった。

「最近、若い人の間で、『肉うどん』(280円+税)に『フライドポテト』(100円+税)をぶっこむ食べ方がはやっていて、“ジャンクうどん”と呼ばれているそうです」(米川氏)

そこで本誌もジャンクうどんを作成! 見た目はかなり前衛的だが、すすり込むと肉うどんの肉のうまみをフライドポテトが存分に吸い、まるで精肉店のコロッケのような味わい。たしかにジャンク感満載の組み合わせだが、本当にウマい。

続いては、米川氏いわく「サイドメニューは力を入れ始めたばかり。これからに期待」という業界2位のかっぱ寿司

他チェーンと比べるとサイドメニュー数は少ないが、ここでは「海老天うどん」を注文。揚げたてのエビ天が中央に2尾鎮座したうどんは優しい味わいで、胃にストンと落ちていく。288円なら立ち食いそばよりコスパが高いぞ。

次は業界5位のはま寿司へ。

「はま寿司は期間限定で出しているラーメンが素晴らしい。以前提供していた『炙(あぶ)りまぐろさくらえびラーメン』や『牡蠣(かき)ラーメン』など、正直、当たり外れもありますが、チャレンジ精神にあふれたものばかりです」(米川氏)

現在の季節限定ラーメンは「特製漬けまぐろの塩ラーメン」。おわんを開けると、漬けまぐろがドンと3切れ。わさびもついてくるので、ラーメンというより鯛茶漬けなどの発想に近い。確かにチャレンジングだ!

そしてスイーツでは、同じく期間限定の「キャラメルチョコチップレアチーズケーキ」もオススメ。レアチーズにほろ苦さが加わるなど、高級感タップリ。今回の取材で食べたデザートの中では一番のウマさだった。

最後は、業界4位の元気寿司

「元気寿司はつまみやドリンクが充実しているので、大人も楽しめる点が評価できます」(米川氏)

そこで今回は「ハイボール」と、酒のアテになりそうな「骨付きチキン香味揚げ」「ぷりぷりえび揚げ餃子」を注文。酒とつまみの後に、寿司をつまんで締めるという贅沢な思いもできる。

今回、回った大手5チェーンのどの店もコスパが高く、味の満足度も高かった。このままさらにサイドメニューが充実していけば、より回転寿司を楽しめそうだ。

(取材/昌谷大介、牛嶋健[A4studio])

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング