人気急上昇中のアイドル“夢アド”のライブでファン暴走? たまらずスタッフが制止に入る一幕も!

週プレNEWS / 2014年8月24日 23時0分

結成2周年を記念し過去最大規模のライブを開催した「夢みるアドレセンス」

人気急上昇中のアイドルユニット「夢みるアドレセンス」が、24日、東京・千駄ヶ谷にある日本青年館で、結成2周年を記念したライブ【夢アド2周年! 夏の夢コレ2014 in 日本青年館~証明ティンエイジャー~】を開催した。

「夢みるアドレセンス」は荻野可鈴(おぎのかりん)、志田友美(しだゆうみ)、山田朱莉(やまだあかり)、京佳小林玲から成る5人組ユニット。毎月一回行なわれる定期公演などでじわじわとファン層を拡大し、このたび過去最大規模の単独ライブを初開催するに至った。

夢アドの売りは、なんといっても「ビジュアルのよさ」。会場を訪れた古参のファンは、

「メンバーのほぼ全員がファッション誌の専属モデル経験があり、ルックスはほかのどの人気アイドルと比べてもピカイチ。そういった経緯があるから男性人気だけでなく女性人気も高いのが強み」(20歳・学生♂)

と、彼女たちの魅力を語る。

この日のライブでは、今年の4月にリリースされた人気曲『マワルセカイ』など、アンコールを含む19曲を熱唱。途中、熱くなりすぎたファンが客席のシートの上によじのぼってサイリウム(ペンライト)を振りかざし、スタッフに制止されるという一幕もあり、約2時間にわたって続いたライブは熱狂の渦に包まれた。

また、中盤には来月9日にリリースされる最新曲『ヒロイン』も初披露。現在、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダー鎧武/ガイム』にヒロイン・高司舞役で出演中、来月には初の水着グラビア写真集『YUUMI』(2400円・税別・小社刊)の発売も予定している人気メンバーの志田友美が、新曲についてこのように語ってくれた。

「今日初めてファンの皆さんの前で歌った『ヒロイン』は、ヒロインに憧れる女のコの内面を描いた、夢アドの曲としては珍しい、今までにないバラード調の曲です。曲だけでなく切ない歌詞にも注意して聴いていただけるといいですね!」

目標を「世界進出!」と位置付ける、ビジュアルアイドル「夢みるアドレセンス」。彼女たちの快進撃はまだ始まったばかりだ。

(取材・文/週プレNEWS取材班 撮影/関根和弘)

■夢みるアドレセンス




荻野可鈴、志田友美、山田朱莉、京佳、小林玲から成る、タンバリンアーティスツ所属の5人組ユニット。ユニット名はメンバーの年齢「adolescence(青年期)」からきている。中森明菜、ハロー!プロジェクト、AKB48などの作曲・編曲を手掛けてきた上杉洋史が音楽プロデュースを担当

■志田友美 SHIDA YUUMI




1997年2月11日生まれ、岩手県出身。身長160cm B80 W59 H85。血液型=AB型。




現在放送中の『仮面ライダー鎧武/ガイム』(テレビ朝日系、毎週日曜8:00~)ではヒロインの高司舞役を務める。ティーン誌『ピチレモン』のナンバーワンモデルとして人気を博し、現在は『Popteen』専属モデルを務める。9月22日に自身初となる水着グラビア写真集『YUUMI』を発売予定。発売イベント情報など詳細はこちら↓




【http://wpb.shueisha.co.jp/2014/08/24/34449/】




最新情報はオフィシャルブログをチェック→【http://ameblo.jp/sida-yuumi/】




週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング