コンビニつけ麺“ちょい足し”マジうまレシピを発見!【後編】

週プレNEWS / 2014年11月2日 6時0分

キムチをプラスした「韓国風つけ麺」は文句のつけようがない味!

具材は麺とスープだけというシンプルさにもかかわらず、「ガチでうまい!」「コスパ最高!」と人気のコンビニPBつけ麺。それに“ちょい足し”することで、まったく違った味わいや食感を楽しむことができる!

■お店で食べるよりうまい超絶レシピ!

週プレは、さらなる味を発見すべく、コンビニで買える身近な食材を、とにかくつけ汁にぶっ込みまくることに!

まずは、腹ぺコ男子の味方、ラーメン二郎をイメージして、野菜炒めセットを袋ごとチン。そして、麺の上にドバッとマシマシ! 麺とともに野菜をつけ汁につけるとやや味が薄まるので、自前の醤油やらチューブのにんにくで味を調えると、より二郎っぽくなった(笑)。

続いては、ベビースターを温かい麺にぶち込む。油そばをイメージして、つけ汁用のペーストはお湯で溶かさずにそのままイン。食してみると、油そばとは似て非なるものになったが、ポリポリとした食感とジャンクな味わいが絶妙!

ベビースターのお次は、うまい棒を入れてみたが……油の風味が強くなりすぎ、やや残念な味に。うん、時にはこんな失敗もある(苦笑)。

ガッツリと肉を食べたいなら、肉の量が多いチルドの豚ロース生姜焼き! 肉の厚みがきちんと感じられ、しょうがの風味もつけ汁とバッチリでウマし!

同じ肉系では、ホットスナックの焼き鳥も甘辛タレと焦げの風味がマッチしていたけど、豚ロース生姜焼きと比べると、少々パンチ不足。

お次は酒のつまみ系にもチャレンジ。炙り辛子明太子のつけ麺は、魚卵のうまみが存分に溶け出して高級感アリ。

さけるチーズ&チーかまのチーズ盛りつけ麺は、割(さ)けるチーズを〝第2の麺〟的に使うと◎。チーかまも、もともとはかまぼこだけあって、魚介だしとの相性はかなりよかった。

最後はイチ押しの2レシピ! レトルトカレーとキムチだ。正直、お店で1000円払うつけ麺と比べても、まったく遜色のない味だった! カレーは、牛肉のコクとつけ汁の魚介のうまみが最高の相乗効果を発揮! キムチは、辛みとうまみをしっかりつけ汁が受け止めるわ、白菜のシャキシャキとした食感がモチモチの麺と好相性だわで、文句のつけようがない!

ぜひ、自分だけのオリジナルな変化レシピを探してみることをオススメする!

(取材/昌谷大介、牛嶋健[A4studio])

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング