“ポスト・加藤綾子”は代役でも存在感発揮! 新人・ユミパン大躍進に大物プロデューサーの影

週プレNEWS / 2014年11月9日 6時0分

「ポスト・加藤綾子」の呼び声が高い永島優美アナ

新人アナながら「ポスト・加藤綾子」の呼び声が高いのが、ユミパンこと永島優美アナ(フジテレビ)である。同局の若手局員が興奮気味に話す。

「9月末から『めざましテレビ』の情報キャスターを担当していますが、驚いたのは尺管理がしっかりできていること。どんなに切羽詰まった状況でも、しっかりと時間内に原稿を読み上げるんです。あれは教えてできることではない。天性のものでしょう」

実際、『めざまし』の中で早くも存在感を発揮しつつある。先日、放送中にカトパンが体調を崩して途中退席したが、その代役を務めたのがユミパンだった。

「父親(サッカー元日本代表・永島昭浩氏)はカミカミキャラですが、彼女はミスが少ない。反面教師にしたのかも(苦笑)」(前出・局員)

実力と話題性を兼ね備えるだけに、今後はさらにテレビ出演が増えていきそうだ。

「『ネプリーグ』など人気番組を担当してきたプロデューサーが彼女のことを高く評価していて、年末年始の特番にやたらとネジ込もうとしているんです。とんねるずなどの大物タレントにも気に入られていますし、バラエティ番組は彼女の独壇場になるかもしれない」(フジ関係者)

即戦力の大型ルーキーとして、期待以上の活躍を見せているユミパン。その一方で、こんな声も……。

「注目度が高まれば写真週刊誌もマークするようになる。スキャンダルで身を滅ぼさないように注意してほしいですよね」(前出・局員)

●永島優美(ながしま・ゆうみ)




1991年11月23日生まれ、兵庫県出身。身長160㎝。血液型=A型。関西学院大学社会学部卒業。2014年、フジテレビ入社。主な担当番組は『めざましテレビ』『ユミパン』『バイキング』

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング