行楽シーズンの激戦区、進化する話題のSA・PAグルメを食べ尽くせ!【東日本編】

週プレNEWS / 2014年11月8日 6時0分

和洋揃った北日本のSA・PAグルメ。ガッツリ系が多く男性も満足間違いナシ!

移動途中の食事だから……とあなどるなかれ! 地元素材を使った丼や定食など、今やSA・PAはウマいメニューの激戦区なのだ。今回は本格的な寒さが到来する前に行っておきたい東日本のSA・PAグルメを紹介!(*価格はすべて税込みです)

・砂川SA /上り(北海道・道央道)




■蝦夷鹿しぐれ煮重/800円




蝦夷鹿の独特のくさみを取り、ショウガを効かせた「しぐれ煮」は脂身が少ないので、あっさりとした口当たりだぞ/スナックコーナー

・有珠山SA/上り(北海道・道央道)




■黄金豚しょうが焼き定食/800円

北海道伊達市を代表するブランド豚「黄金豚」を特製甘辛タレで焼いた逸品。ジューシーな豚肉は白米との相性は抜群/スナックコーナー

・紫波SA/上り(岩手県・東北道)




■ナポリじゃじゃ/650円




盛岡名物「じゃじゃ麺」とナポリタンが合体。自家製トマトソースとじゃじゃ麺の味噌の相性がバツグン!/スナックコーナー

・矢巾PA/下り(岩手県・東北道)




■ホルモンバーグ定食(ミニそば付き)/900円




プリプリのホルモンが入ったハンバーグは店内でもお土産としても大人気。ミニそばがついているのもうれしい/スナックコーナー

・国見SA/上り(福島県・東北道)




■川俣シャモ丼セット/1380円




歯応えがよく、高タンパク質で低カロリーと話題の地鶏「川俣シャモ」と濃厚な卵が絡み合ったシャモ丼は別格の味/レストラン峠

・友部SA/下り(茨城県・常磐道)




とん丼 筑波山/1600円




米を食べて育った茨城産「米豚」を16枚使用! 豚バラ肉は甘辛のオリジナルだれに漬け、脂を落としながら網焼きに/フードコート

・Pasar幕張/上り(千葉県・京葉道)




あさりかき揚げ丼/790円




新鮮なあさりを甘みのあるタマネギや春菊、ニンジン、長ネギ、紅ショウガと一緒にカラッと揚げている/九十九里 片貝波乗り食堂

・Pasar羽生/下り(埼玉県・東北道)




メガ海老から丼/990円




カラッと揚げた大きなえびフライ3本と唐揚げがドーンとのった迫力満点の丼ぶり。揚げ物好きにはたまらない!/どんぶり道場

・南条SA/上り(福井県・北陸道)




おぼろやの特製焼鳥丼セット(おろしそば付き)/980円




福井産健康鶏を特製おぼろだしに漬け込み、香ばしく焼き上げた。十割おろしそばが一緒にセットとなっている/フードコート

・尼御前SA/上り(石川県・北陸道)




能登いか明太子丼 小うどん付き/960円




やわらかい能登いかをふんだんに使い、明太子、温泉卵と一緒に混ぜて食べる。だしの効いたタレは女性にも人気/フードコート

・有磯海SA/上り(富山県・北陸道)




プレミアムブラックメンチカツ丼とミニうどん(ミニそばも可)セット/990円




富山県のブランド肉「氷見牛」と「メルヘンポーク」を贅沢に使用。衣には竹炭を混ぜ込んだという珍しいメンチカツ丼だ/フードコート

・羽生PA(鬼平江戸処)/上り(埼玉県・東北道)




五鉄しゃも鍋定食/1500円




『鬼平犯科帳』の軍鶏鍋屋を、そのモデルといわれている人形町の老舗鶏料理店「玉ひで」がプロデュース。軍鶏肉のうまみと歯応えが抜群!/軍鶏鍋屋「五鉄」

・羽生PA(鬼平江戸処)/上り(埼玉県・東北道)




うな丼(吸物・漬物付き)/1390円




小説に描かれる辻売りのうなぎ屋をイメージし、老舗川魚卸問屋「鯉平」が伝統の技で腕を振るう。炭で手焼きされたうなぎの香りが食欲をそそる/うなぎ屋「忠八」

(取材・文/林 将勝 撮影/村上庄吾[鬼平江戸処])

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング