あのグレート・ムタと驚異の特殊メイクアーティスト・自由廊との深~い関係を代理人・武藤敬司に直撃!

週プレNEWS / 2014年11月15日 15時0分

WRESTLE-1「衝撃~IMPACT~」(7月6日)に登場した、強さをイメージしたら蜂が憑依したという“キラー・ビー”ムタ。現在の最新の憑依された皮膚である

プロレスファンから絶大な支持を集める魔界の住人、グレート・ムタ。ムタといえば入場シーンで見せる様々なコスチュームも魅力のひとつだが、本誌はこれらを特殊メイクアーティスト工房「自由廊」がサポートしているとの情報をキャッチ。代理人の武藤敬司氏を直撃した。

「まず最初に言っとくけどさぁ、あれはコスチュームじゃなくて皮膚だから。魔界から降臨するときにイメージした、いろんなものが憑依(ひょうい)するらしいんだよ」

初期はペイントがメインだったムタだが、2002年から様々なものが憑依するようになったそうだ。が、ぶっちゃけ、ご苦労もあるのでは……。

「パイレーツとかは大変なんだよ。機能性はそれほど重視してないから重いし動きにくいし、モノによっては前が見えないときもあるからヤマ勘で歩くんだよ」

って、ムタが言ったんですよね!

「……そうそう! で、自由廊? 最近、話題のCMを手がけてるなら俺もCMに出せよって(笑)」
















●武藤敬司(むとう・けいじ)




1962年12月23日生まれ、山梨県出身。武藤敬司デビュー30周年記念大会「HOLD OUT」は11月1日、両国国技館にて開催。なお、武藤さんの試合用タイツも自由廊作で、毎回絵が違うので要チェック!

●自由廊(じゆうろう)




2002年に設立された特殊メイク&特殊造形工房。人間の顔や体を変形させる特殊メイク、リアルマネキンや美術小道具まで、幅広い造形物のクリエイティブ活動を行なっている。

(取材・文/渡邉裕美 撮影協力/AMAZING SCHOOL JUR【http://www.特殊メイク学校.com】)

週プレNEWS

トピックスRSS

ランキング