ラムちゃんに似てる? 海洋堂が制作した“身長”約5m「鬼の母親」像が色っぽい!

週プレNEWS / 2016年12月17日 15時0分

「世界初、世界最大、世界最高の完成度の女性フィギュアを作ろうと考えました」(宮脇修一氏)。町がユズの産地であることにちなみ柚鬼媛と名づけられた

11月20日、愛媛県鬼北町(きほくちょう)の道の駅・日吉夢産地(ひよしゆめさんち)で巨大モニュメントがお披露目されると、「色っぽい!」「ラムちゃんに似ている!」と話題騒然。

実は鬼北町に鬼が現れたのは、これが2体目。町は“鬼の町づくり”を3年前からスタートさせ、そのメインとなる鬼のモニュメントを、世界的フィギュアメーカー海洋堂に、ゆるキャラをイメージして依頼。

しかし海洋堂は「そんなんじゃダメ! 見た途端、子供が泣きだすような作品を世界一の完成度で作りましょう!」と、赤鬼“鬼王丸(おにおうまる)”を昨年、完成させた。

そして、第2弾として登場したのが、鬼王丸の母鬼“柚鬼媛(ゆきひめ)”だ。圧巻の完成度に舌を巻くが、海洋堂代表取締役の宮脇修一氏は、飽くなき向上心を忘れてはいなかった。

「もう少し着物の裾を短くして、太ももを見せたほうが女性らしさを強調できた気がします!」

鬼で町おこし。おとぎ話じゃないんだから、と言うなかれ。なんと鬼王丸の設置以来、道の駅の観光客は6万人増、売り上げも3千万円増と絶好調なのだ。

町は「3体目は検討中」とのこと。来年見たい!なんて言ったら、それこそ鬼に笑われる!?

(c)竹谷隆之/鬼北町

週プレNEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング