【池袋駅徒歩7分】クリスマスイルミネーションの超穴場・立教大学の凄さを紹介!

しらべぇ / 2014年12月7日 10時30分

あっという間に今年も12月。あちこちでイルミネーションが灯り、街もすっかりクリスマスムードですね。しかし、「ロマンチックなイルミネーションは好きだけど、人ごみが苦手…」という方も少なくないでしょう。今回はそんな方にぴったりの、大きなツリーでイルミネーションを楽しめる穴場スポットをご紹介します。

その場所とは…立教大学池袋キャンパスです。

池袋駅から徒歩7分、歓楽街の喧騒から少し離れたところにある立教大学池袋キャンパス。高さ約25メートルのヒマラヤスギ(2本)に1,150ものイルミネーションがともった夜のキャンパスは、昼の姿が想像できないほどロマンチックな雰囲気になっています。もちろん入場料などはかからず、無料で楽しめます。

静かで混まないのでムードたっぷり

大学のキャンパスというと、学生が多くてにぎやかなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、夜の8時半ごろには学生の姿もまばらで、とても静かになります。スーツ姿のカップルの姿もチラホラ見受けられ、大人のみなさんがムードたっぷりな穴場スポットとして利用しているようです。

一味違った個性的なツリーが魅力

最近のツリーはネオンの色が変わったり、細かな照明がちりばめられていてとても豪華なイメージがあります。しかし、立教大学のツリーは一味違い、まあるくてカラフルな照明がどこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。キラキラというよりもぽわぽわと光が灯るツリーは、不思議とリラックスできる空間を生み出してくれます。

学生気分に戻れる窮屈なベンチ

しらべぇ1207立教2

ツリーを見上げる位置には、ふたりで座るにはちょっぴり窮屈なサイズの小さなベンチが設置されています。ゆったりくつろぐことはできませんが、ちょっと窮屈なベンチで密着しながら座るなんて、なんだかドキドキしませんか?

大人になると暖かい部屋でゆったりイルミネーションを楽しむという手もありますが、あえて不便でドキドキするデートを選んでみると、学生時代の甘酸っぱい気持ちを思い出せるかもしれません。

22時まで点灯なので時間を気にせず行ける

日によって異なりますが、ツリーは連日22時まで点灯しています。12月24日25日のクリスマスの夜は、なんと翌朝の6時まで点灯!これなら仕事終わりやディナーの後にも、時間を気にせず足を運ぶことができます。

ムードたっぷりで混む心配もなく、ゆったり楽しめるイルミネーションデートで、みなさんも素敵な冬の思い出を作ってくださいね。

(文/しらべぇ編集部・河津愛美 http://sirabee.com/author/manami_kawazu/ )

しらべぇ

トピックスRSS

ランキング